もんべつ流氷まつり

天然の氷を使った氷像がメインとなるイベント「もんべつ流氷まつり」
天然氷で作られたメインステージのほか、大小数十基の氷像が会場内に立ち並びます。
4日間と雪のイベントとしては珍しい少ない期間で行われるイベントです。

ステージに設けられたメインの大氷像が存在します。
さらに、その年によって旬のテーマを取り入れて作りだされる多数の氷像は、

みる人を驚かせたり、

少し、笑わせたりと子供から大人まで参加しても、楽しいイベントとなっています。

他にも、歌謡ショーや氷柱ガマン抱きつき大会、氷早切り大会などのイベントも開催されます。

他にも
紋別の特産品の味覚市コーナーや、

カニやホタテなどの海産物をバーベキューで楽しんだりもできます。
夜は、会場がライトアップされます。

昼と違い幻想的な七色に光輝く氷像が来場者を魅了してくれます。

 

今回は、2月に北海道紋別で行われる
「もんべつ流氷まつり」について、2017年の日程や魅力を紹介したいと思います!

 

スポンサードリンク

 

2017年もべんべつ流氷まつり日程

まだ2017年の開催期間は未定です。

これから、開催期間とイベント内容は順次公開されていくと思います。
ちなみに過去の行われた期間

2016年

2月11日~14日

2015年

2月7日~11日

 

開催場所

開催住所 :北海道紋別市

海洋交流館横駐車場
所在地
〒094-0031 北海道紋別市海洋公園

問合せ先

一般社団法人 紋別観光協会
〒094-0005 北海道紋別市幸町5丁目24-1
TEL 0158-24-3900
FAX 0158-24-9911

料金:無料

 

アクセス

・JR遠軽駅から車で60分
・JR旭川から直行便バスで180分 紋別バスターミナルからシャトルバスで15分 海洋公園イベント広場バス停徒歩すぐ
・JR札幌から直行便バスで280分 紋別バスターミナルからシャトルバスで15分 海洋公園イベント広場バス停徒歩すぐ
・紋別空港から車で10分

北海道紋別市

冬になると海流に乗って流氷が押し寄せて来る場所なんです。

オホーツク海に面しているということで、冬になると海一面を覆い尽くす流氷がきます。

その神秘に惹かれ、多くの観光客が訪れるんです。

初接岸は1月中旬~下旬頃で、見頃は2月中旬頃からです。
流氷を鑑賞できるのは、「紋別公園流氷展望台」

温かい場所でゆっくり観ることができます。
さらにおすすめされているのが「流氷クルーズ」
流氷クルーズを楽しめる場所って日本でもたった3ヶ所のみなんです。

羅臼(らうす)・網走・紋別です。

クルーズはわずか約3ヶ月のみ体験することができます。

 

スポンサードリンク

 

もんべつ流氷まつり見どころ

メインステージ

開会式をはじめさまざまなイベントが行われています。

盛況なのは、「プロジェクションマッピング」です。
地元の方々による伝統和太鼓などもあります。
催しは12月ごろに決定するそうです。
2017年は、どんな催しがあるのか楽しみですね。

地元特産品の味覚市コーナーでは、たくさんお店が並びでいます。

炭火焼きの海産物を食べることができます。
贅沢に天然氷を使って作られた「滑り台」
氷の滑り台って普通の滑り台よりスピードが出ます。

スリル満点です。地元の子どもたちも遊びに来るぐらいです。

かなり大盛況です。大人も楽しみたくなるほど!

大人も遊んで大丈夫です。
氷の滑り台を子どもと一緒に楽しみましょう!

 

まとめ

オホーツク海に面した紋別。

大量の氷が流氷してくるという町です。

それを使ったイベントが「もんべつ流氷まつり」

氷を使った大小の氷像。

人々を魅了します。

さらに、地元の方の太鼓だったり、イベントがあります。

子供も、大人も楽しめると思います。

4日と少ない期間ですが、ぜひ、足を運んでみてください。

スポンサードリンク

 

コメントを残す