ひっつめヘアとは?

ひっつめヘアとは、簡単に言うと、髪の毛を後ろにきつく縛ってまとめるというまとめ髪のヘアスタイルのことを指します。

前髪も含めた、全ての髪の毛を根元からひっつめて、そして頭頂部でまとめるというヘアスタイルになりますが、ひっつめ髪、そしてひっつめ頭とも呼ばれています。

ひっつめヘアには、さまざまなメリットがあります。

ひっつめヘアのメリットとデメリット

まず、ひっつめヘアは、寝癖などを誤魔化すことが出来るというメリットがあります。

寝癖で、朝のブローが面倒な場合や、ストレートにならないという場合には、とても便利な髪型です。

さらに、夏などは涼しく、非常に簡単なまとめ髪であるといえるでしょう。

何か用事がある場合や体を動かす場合、旅行や体力仕事の際にも便利な髪型であるといえます。

しかし、こちらのひっつめヘアは、まとめる際には、髪が生えている方向に逆らって無理矢理ひっつめるため、髪の毛や生え際、根元にダメージを与えてしまうという可能性もあります。時には、引っ張ることによって、頭が痛くなることもありますので、注意をする必要があります。

繰り返していると、髪の毛が薄毛になってしまったりする原因にもなりますので、注意が必要であるといえるでしょう。
ひっつめヘアですが、この髪型にあまりいい印象を抱いていないという方もアンケートなどでは多く、ひっつめていると、老けて見えるだとか、手抜きに見える、また性格がきつそうにみえる、といった意見もあります。

しかし、最近では、ヘアアレンジ特集などでもひっつめヘアが紹介されていたり、芸能人がひっつめヘアをしていたりと、ひっつめヘアをオシャレとする傾向もあります。

カジュアルな服装に合わせることによって、おしゃれに見えることもあるといえるでしょう。

スポンサードリンク

ひっつめヘアに似合う人とは?

ひっつめヘアが似合う人は、おでこがキレイで、そして顔が小さい人が似合っているといえるでしょう。
また、輪郭が卵形で、綺麗な人も、ひっつめヘアは似合います。

顔が小さい人がひっつめヘアをすると、とても美人で知的な雰囲気の女性に見えますし、コーディネートを工夫すれば、非常におしゃれにも見えます。

反対に似合わない人は、顔が大きい人や、丸顔の人、えらが目立つ人です。こういった人は、ひっつめヘアをすることで、欠点が思い切り見えてしまいますので、あまりおすすめできないヘアスタイルであるといえるでしょう。

顔が小さい人が行うと、知的に見えたり、また、頭が良さそうに見えたりすることも多いです。

また、小顔な人が行うことで、さらに小顔に見えるというメリットもあります。

ひっつめヘアの作り方

ひっつめヘアの作り方は非常に簡単となります。まずは、前髪を含めた、全ての髪をとかしていき、上にポニーテールのようにまとめ上げていきます。

この際に、ブラシやくしなどを使うと、綺麗にひっつめることが出来ます。
短い毛が落ちてきてしまうという場合には、アメピンなどを使って、落ちてこないようにピンを付けていきましょう。

そして頭頂部まで髪の毛を持ち上げて、そして縛り上げます。お団子状にするのが一般的ですが、ポニーテールの状態にしても問題はありません。

ださくならないようにするために、髪をまとめる際には、シュシュなどを使って、飾りを付けたり、シニヨンなどを付けてみるとオシャレに仕上げることが出来るといえるでしょう。可愛いピンや、ヘアアクセサリーを用いることによって、美しく作ることができます。

また、お出かけなどの際には、ひっつめたお団子の上に、ウィッグなどの付け毛をつけることによって、ただのひっつめ髪がとてもオシャレに仕上がることになりますので、おすすめです。

コメントを残す