ギャザープリーツスカートとは?

ギャザースカートとプリーツスカートが一緒になっているスカートとはどんなものなんでしょうか?

ギャザープリーツスカートとは小さなプリーツがギャザーのようになっていて、ギャザースカートの良いところとプリーツスカートの繊細さを併せ持ったものです。

トップスをインにしてもウエスト部分が細かなプリーツになっているので、収まりが良く、スタイルがよく見えます。程よいボリュームがありますが、ギャザースカートほどボリュームが出なくて、プリーツスカートの良さが出て、ひだが付いていて、とてもステキなスカートになります。

プリーツは細かなものがほどんどで、ウエストのギャザーでコンパクトな感じになります。
フリルスカートとは裾がフリルのようになっているスカートです。ボリュームがあって、とてもガーリーな感じがするのが特徴で、裾に向かってボリュームが出ます。お花のような感じで、とても女性らしいシルエットです。

ギャザースカートとの違いはギャザースカートはウエストで布を集めてギャザーを作って塗っていくものですが、フリルスカートはウエストにはギャザーが入っていないことが多いのです。

ギャザースカートはウエストにギャザーが寄っていてボリュームが出ます。フリルスカートは裾の方にボリュームが出るようになっています。プリーツスカートはウエストで間隔を揃えたひだが作られていて、そのまま折りたたんだようなプリーツが施されているようなスカートのことを言います。縦折りのシワがきれいに揃えているものがプリーツスカートで、座っているとプリーツが取れてしまったりすることがあります。女子学生の学校の制服に使われているのがプリーツスカートが多く、裾が広がらないようになっています。

スポンサードリンク

プリーツスカートとフレアスカートの違い

プリーツスカートとフレアスカートとの違いは、プリーツスカートが縦に等間隔でひだを作って折ってあるのに対して、フレアースカートはウエストにひだやギャザーを寄せなくてフラットの状態になっています。

ギャザースカートはウエストにひだを寄せて縫ってあって、全体的にボリュームが出ます。フレアースカートは裾に向かってAラインのように広がっていて、動きに合わせて裾が広がるような感じです。

プリーツがないスカートをフレアースカートと呼びます。ひだをウエストのところに集めたような形をしているスカートをギャザースカートと言います。

ギャザースカートはウエストにボリュームが出ますので、お腹にコンプレックスを持っている人にはカモフラージュができてとても良いとされています。プリーツスカートはひだがきちんと入っていて、全体定期にスリムなシルエットになっています。動きに合わせてひだが開くので動きやすく、女性らしいシルエットになっています。フレアースカートはお腹の出っ張りが目立つ傾向にありますが、プリーツスカートやギャザースカートはそういうお腹の出っ張りを目立たなくする働きがあります。

ギャザースカートは全体的にボリュームが出ますが、女の子らしいシルエットになります。どのスカートもウエストにギャザーが寄せられているか、どのようなギャザーが寄せられているかで見分けがつきます。全くギャザーが寄せられていないのがフレアースカートです。フレアースカートは裾に向かって布地を多めに取ってあって、朝顔の花のような感じになっています。

プリーツスカートは縦長のような感じのシルエットになります。しっかりとプリーツがプレスされているスカートを選ぶとプリーツが取れなくて、椅子に座ったりするときに気にせずに居られるのでとてもいいです。




関連キーワード
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事