さっぽろライラックまつりと同時開催されるライラックワインガーデンは、地元北海道のワイナリーが数多く出店しています。

様々な味わいのワインを試飲、購入出来るとあって観光客のみならず、多くの市民で賑わいます。

北海道の食材を使って、道内のシェフが腕を振るうフードメニューも毎年大人気。北海道産ワインと、北海道食材のマリアージュを楽しむことが出来ます。

スポンサードリンク

ライラックワインガーデン日程

5月17日(水)~28日(日)

平日:11時~21時

金土日:10時~21時

※最終日は20時まで

 

 アクセス

札幌市中央区大通西7丁目

・地下鉄東西線「大通」で下車

・地下鉄南北線「大通」で下車

・地下鉄東豊線「大通」で下車

・JR「札幌駅」で下車、徒歩10分程度

・駐車場なし(近隣の駐車場をご利用ください)

スポンサードリンク

 

ライラックワインガーデンの楽しみ方

ワインの種類が沢山あって選びきれない、自分好みのワインを見つけたい、という方の為に、会場内にはソムリエがいますので、迷った時はぜひ声をかけてみてください。

ワインはどれも1杯500円から700円程度とリーズナブルなので、様々なワインを飲み比べできます。

もちろんボトルでの購入も出来ますので、グループで来られる方はボトルを何本か購入するのもいいかもしれません。

ボトルも1本2000円台から購入できます。

札幌の人気料理店のシェフたちが腕を振るう「シェフズセッションコーナー」では、「ワインに合う北海道らしいメニュー」をテーマに、日替わりで本格的なレストランの味を楽しめます。

お食事メニューからおつまみ、スィーツまで揃っていますので、お子様連れやお酒が苦手という方でも、フードメニューで十分に楽しんで頂けるイベントです。

 

 

 

ワイングラスを1個500円でレンタルし、そのグラスにお目当てのワインを注いでもらうシステムです。

グラスを返却すると、500円が戻ってきますので、くれぐれもグラスの紛失や破損には注意しましょう。

また、人気のワインは売り切れることが多いので、お目当てのワインがある方はお早めにどうぞ。

会場内は屋根付きの飲食スペース(テーブル、イス)や、立ち飲みコーナーがありますが、平日の夜や土日はかなり混み合い、席を確保するのが難しい場合があります。

特に大人数での席の確保は、かなり難しいです。座ってゆっくりと飲みたい方は、レジャーシートを持って行くことをお勧めします。

大通公園内の芝生スペースは、レジャーシートを敷いて過ごすことが出来ますので、家族連れや、大人数で楽しむ場合には、のんびり過ごせると思います。

開催時期は初夏といえども、北海道はまだまだ冷え込みます。

日中は日差しが強いので、紫外線対策の帽子やクリーム、羽織物を、逆に日が落ちると冷え込んできますので、暖かい服装でお出掛けすることをお勧めします。

コメントを残す