痩せて見える洋服選びのポイントを各年代ごとにまとめました。
年代ごとに選ぶ服というのは変わってきます。

今回は、痩せて見える洋服選びの30代、40代、50代ごとに紹介します!

スポンサードリンク

30代の痩せて見える洋服選び

女も30代になると、ちょっと太り気味になってしまうことがあります。

そんな時に服で痩せて見えることもあることを忘れてはいけません。

足の太さ肩が大きいのを隠す

足が太い人はできるだけ足を出さないファッションをすることが大事です。

パンツを履いたりして、足の太さを隠すことが考えられます。

パンツもスリムパンツよりも、少しゆとりがあるようなシルエットのパンツだったら太って見えることがないのでいいでしょう。
冬場はコートなどを着ている時が多いので、太っているのを隠すことができますが、春先から夏にかけては肌を見せることが多くなるので、気をつけなければなりません。

ブラウスなどを着るときには二の腕が隠れるようなものがいいです。

肩が大きいのが隠せますし、痩せて見えるには必要なことです。

おなか周りを隠す

30代になるとお腹周りの太り方が気になったりするものですが、

ローライズのパンツなどはお腹の出っ張りが目立ってしまうので、ハイライズのパンツを履くことです。ハイライズのパンツだったらお腹周りの太った感じが隠れますし、目立たなくなります。

トップスはインにせず、外に出すことでお腹周りの出っ張りを隠すことができますし、見た感じではそれほど太って見えないのです。
実際にすごく太ってしまっている時には服で痩せて見せることは大変難しいことですが、縦のラインを作ることでかなり改善されるものです。

縦のストライプのワンピースなどを着ると、一見痩せて見えるので、視覚の錯覚をうまく利用したようなものです。

足を長く見せる

靴はできるだけハイヒールを履くことが大事です。

靴がぺたんこだと太って見えてしまいます。

足が長く見えると痩せて見えるので、ハイヒールの靴を合わせるとしまって見えるので、痩せているような感じになるのです。

服の色で工夫する

服の色も大事で、あまり明るい色だと膨張して太って見えてしまいますが、黒やチャコールグレーなどの色を着ると痩せて見えます。

女なら誰でも細くみせたいと思うもので、実際にほっそりとした感じに見せるには、ファッションがとても重要な役割を果たしているのです。
ふんわりとしたトップスに黒のパンツを合わせたりすると細く見えます。

サイズにも気をつける

体にフィットした服を着ると、ボディーラインがもろ出てしまうので、太っているのがバレてしまいます。

できるだけ余裕をもたせたような服を着ることが大事です。
ワンサイズ大きめの服を着るのも、痩せて見えることに役に立ちます。

一見、大きめの服を着ると太って見えそうな感じがしますが、実際は洋服に余裕がある方が痩せて見えるのです。下着で調節することもできます。お腹周りがすっきりとする下着を身につけておくと、ほっそりと見えますし、実際に体が細くなるのです。

補正下着を着ることで、服を着た時に余計な脂肪が目立たなくなって、ほっそり見えるので、とてもいい感じになります。

スカートの長さと柄

スカートはロング丈がオススメで、ミニスカートなどは太い足がモロ見えてしまうので、これはいけません。

マキシ丈のスカートで脚を隠すことが大事です。そして、足元にはハイヒールを履くと下半身が長く見えるので、自然と細く見えるようになります。

大きな柄は避けて、細かい柄のスカートを履くと膨張することがないので、細く見えます。

館ラインを気をつける

洋服も合わせ方次第で太って見えたり痩せて見えたりするものですが、縦ラインを作ることが痩せて見えるためのポイントだと言えます。

横に広がったような服を着るとどうしても太って見えるので、Iラインを作ることがとても大事なことになります。
身長も関係してきますので、背が低い人で太っている人は細いパンツを履くことで細く見えるので、スリムパンツなどを合わせるといいですし、トップスにはボリュームがないものを合わせるといいです。

40代の痩せて見える洋服選び

 

女性ならば痩せ型でない限り、出来るだけ痩せて見せたいと思うのではないでしょうか?
ダイエットもいいですがすぐに痩せるのは無理なので、ファッションで手っ取り早く痩せて見せるのもありだと思います。
痩せて見せている間にゆっくりダイエットもできますね。
実際より痩せて見えるようにしたい場合は目の錯覚を利用しなければなりません。
そのような服の選び方と着こなしをご紹介します。

館ラインを意識する

まずは服の柄です。ボーダーの横ラインの服は実際より太って見えてしまいますのでNGです。
まずは縦ラインの服を選ぶようにしましょう。
これから暖かい季節になりますので、ブルーやピンクなどの爽やかなストライプシャツなんかいいですね。
その場合、着こなしのポイントは「首」です。

首がポイント

シャツのボタンの1番上を開けて鎖骨を見せるようにします。

襟を立てるようにすると首のラインが縦に長くなるので、首の印象が細く長くなります。
カットソーであれば丸首よりVネックを選び鎖骨を見せましょう。
更にシャツやカーディガンを着る場合は前を開けて着るようにしましょう。

前が開くことでここに縦ラインが出来上がり、より一層痩せて見えること間違いなしです。

手首のポイント

次に「手首」です。袖も折り返して手首を見せるようにします。暖かい日は7分丈の服を選ぶのもよいでしょう。

体型を気にされている方でも手首は比較的ほっそりしているのではないでしょうか?
これは20代、30代などの若い年齢だけでなく、40代50代、それ以上の女性にいえることだと思います。
細い部分は見せて視線をそこに集めます。

さらに視線を集める為にブレスレットや腕時計などアクセサリーをつけるのもいいですね。

色に気をつける

次に色です。淡い色は膨張して見えてしまうので濃い色を選ぶようにしましょう。

例えば太っている方が白いパンツを履いたら太ももの太さをより強調することになってしまいます。
それならば黒いパンツを選んだ方がよいでしょう。黒は引き締め効果があるのでピッタリです。
パンツも「足首」を少し見せるようにすると、細い部分に視線が集まるので痩せて見えるようになるでしょう。

スカートの丈

スカートの場合はシルエットと丈が重要です。スカートは腰回りにボリュームがあると太ってみえてしまいます。

ですからギャザーのあるスカートやプリーツのあるスカートは避けた方がよいでしょう。

逆にタイトスカートもお腹の段々や腰のお肉を強調してしまうのでやめた方がよいです。履く時にお腹をへこめて気をつけていても、外出先で気を緩めたり、椅子に座ったりした時に違う意味で視線を集めてしまいます。

スカートを選ぶ場合はウエスト部分のボリュームが少なく、裾の広がったフレアタイプを選べば痩せて見えること間違いなしです。

スカートの丈選びはふくらはぎが大切です。

ふくらはぎの1番太いところから膝の真ん中の間に丈がくると、ふくらはぎの太い部分が強調されてしまうので太く見えてしまいます。ロング丈なら足首が少し見える程度の丈、ミニ丈なら膝上から太ももの太くなる手前の長さにするのがベストです。

靴選び

そして最後に靴ですが、足の甲が見えてヒールのある靴をオススメします。

足の甲まで縦に長く見せることで、脚長効果が期待できます。長さがあれば多少太さがあっても気になりませんよね。

姿勢に注意

ここからはおまけで服は関係ないのですが、やはり痩せて見えるには姿勢が大事です。上記を参考にした着こなしをしても猫背では全て台無し。

太って見えてしまいます。痩せて見えるファッションをや着こなしを取り入れた上でピンと背筋を伸ばした正しい姿勢をとりましょう。

きっと体型だけでなく、年齢も若く見せてくれるでしょう。着こなしと姿勢を手に入れて春のファッションを目一杯楽しみたいですね。

スポンサードリンク

 

50代の痩せて見える洋服選び

 

50代女性にとって、服の問題は悩みのひとつかもしれませんね。
なぜなら、年齢的に身体や肌質や髪質など、いろいろな面でのターニングポイントであることに間違いないからです。
みなさんも、身に覚えがあるのではないでしょうか…。
きれいここで事を言っても始まらないので、はっきり挙げますますと、
・最近、贅肉がついてきた。
・最近、髪の毛の艶がなくなってきた、白髪も気になる…。
・最近、今まで似合うと思っていた服や、服の色が、どうもしっくりこない…。

などなど、自分の身体に関することの変化を、自分でも気づき始めている、そんなお年頃だと思います。
でも、身体の欠点ばかりに憂いていないでください。
誰でも迎える50代です。
楽しく、そして美しく迎える方法がありますよ!

第一に挙げるポイントは、痩せて見えること基準に、洋服選びをすることです。
これを各々が知ることで、50代からの自分らしさや、50代からの女性らしさ、50代からのファッションの楽しみを追求することができる、魔法の言葉といっても過言ではありません。
おまけに、この痩せて見える服を第一基準に念頭においていくことで、すべての悩みが解決していくのです。
それは、ダイエットにもつながりますし、洋服の着こなし、全体のコーディネートが上手になるという魔法のポイントなのです。

50代が痩せて見える服というのは、どんなもの?

  1. 自分のサイズにぴったりと合っている服
  2. 色が肌色にあっていること
  3. 形は自分の身体を一番きれいに見せるデザインとなっていることです。

 

サイズに関しては、試着をすることで、無理なく選択できるでしょう。
トップスでしたら、素材感が自分の体型を浮き出すことなく、ぴたりとしすぎることなく、少し余裕のあるエレガントさを演出するものであるべきでしょう。

ボトムスに関しては、ヒップラインがきれいに出て、けして下着のしめつけを右記だたせていませんね。

コーディネート

また、痩せて見える服というのはコーディネートが大事です。

おすすめはやはり、同系色で全体をまとめることです。
黒いスカートに白いシャツも素敵なのですが、痩せて見えることを一番に考えると、

白いスカートにシルバーグレーのニットに、パールグレーのストッキングにピーチスキンのグレーのパンプスというように、全体を一つにまとめる配色に品があって、ぐっと目をひくコーディネートです。
上下が色で分断されていると、それだけで下半身デブに見えてしまいます。

痩せて見える服を選ぶとダイエットに?

また、痩せて見える服を選んでいくと、どうしてダイエットにつながるかというと…。

それは、洋服選び、コーディネートに意識的になると、自分自身をよく観察し、自分自身を知ることにつながるからなのです。
白っぽいスカートをはきたいけど、なんだか気恥ずかしく、もっちりとしてきた腰回りに自信が持てないと感じると、少しでもすっきり見せるために、まず姿勢を良くし、たびたび鏡を見るようになりますね。
まさか、白いタイトスカートが似合いたいのに、やけ食いしたり、だらしなくお菓子を食べながらテレビの前でお昼寝…なんていうことはけしてしないでしょう。
自分のライフスタイルを見直すことにもつながる、ということなのです。

痩せて見える服というのは、そもそも、年齢の体型を考えたデザインと素材感の服ということです。
もちろん、考え尽くされたブランドの洋服は、それを着るだけで、美しい身体のラインを表現できるでしょう。
でもきっと、価格もとてもお高いもので上質の洋服となってきます。

でも、そこまでお高くなくても、痩せて見える服を選ぶことができます。

10歳若い女性向けのブランドをあえて選ぶ

そのポイントは、自分の実年齢よりも10歳若い女性をターゲットにしたブランドから選ぶことです。
けして、自分の年齢より上をターゲットにしたブランド・メーカ-から選ばないでくださいね。
やはり、50代向けの洋服というのは、もうけっこうおばさん向けなのです。
もちろん、そういった洋服を着ると、なんだか安心すると思います。
なぜなら、たっぷりした腰回りを隠し、肉付きのよい背中を分厚いニットが覆うような、そして色も地味系で、街で目立つことを避けることを第一に考えられているのですから。
こういった服は、楽で気安いでしょう。

でも、痩せて見える服ではありません。
40代をターゲットにした服は、流行のデザイン、色を押さえていて、遊び心も備えていて、それらを手に取るだけでワクワクしますね。
まだまだ視線は、流行を意識していた方がよいのです。
透け感や、抜け感がある若い感覚の洋服を選ぶセンスこそが、痩せて見える服を実現させるのです。

デザインのポイントですが、ずばり、首元の開いているものは、痩せて見える服です。
これは、大きめの顔、二重あごなどを、すっきりと余裕ある感じに見せてくれるでしょう。
エレガントで、アクセサリーも華奢に写り、映えます。

このようなポイントで痩せて見える服を選ぶことで、自分のスタイル、コーディネートも洗練してくるでしょう。




関連キーワード
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事