ふと女性の手を見たときにネイルが綺麗に塗られていると好感が持てますよね。

でも、一本だけネイルをしていない指があったら、どう思いますか?

「取れてしまったのかな?」「何か意味があるのか?」

他の指は綺麗にネイルが整っているのに、どうして中指だけネイルをしないのか、気になりますよね?

実はネイルを楽しむ女性の中でも、中指だけネイルをしない女性は割と多く、理由は様々です。

今回は中指だけネイルをしない女性に関する、よくある噂や意味について解説します!

スポンサードリンク

中指だけネイルをしない意味の噂

中指だけネイルをしていない女性を見ると、何かの意味があるのでは?と不思議に思いますよね。

実は中指だけネイルをしていないことには色々な意味の噂があります。

 

百合説

中指だけネイルをしていない女性はレズビアンのサインであるという噂があります。

中指に装飾のあるネイルをしていると、パートナーを傷つける恐れがあるからです。

SNSがない時代は出会える機会も少なかったため、出会いのきっかけとして中指だけネイルしていないことがある意味彼女たちのサインでもありました。

そのため、今でも中指だけネイルをしていないとレズビアンと思われることがあります。

レズビアンのサインはネイルだけでなく、中指だけダブルリングをしている女性など様々な説があります。

SNSが普及している現代では出会いのきっかけが多く、中指だけネイルをしないでパートナーを探す女性は減ってきているといえます。

 

運気があがるという説も

ネイルアートをする指によって運気が変わると言われています。

左手の中指は、人間関係をアップさせます。

最近人間関係が上手くいっていない、人と衝突してしまうことが多い場合は左手薬指のネイルで運気を上げることができるそうです。

右手の中指は、行動力やインスピレーションをアップさせます。

チャンスや何か大きなことにチャレンジするときは右手の中指にネイルをすると運気が上がるといわれています。

開運ネイルは中指だけでなく、それぞれの指にネイルをすることによって開運効果が違うので、自分の欲しい運気をアップさせたいと思ってネイルをする指を選んでいる人もいます。

こうした指を選んでネイルをする人がいるため、中指はネイルされてない人もいるのです。

スポンサードリンク

中指だけネイルをしない女性の現実的な理由

中指だけネイルをしないことに様々な噂や憶測がありますが、ネイルをする女性にとって中指のネイルだけしない事に関しては現実的な理由があります。

 

中指はネイルが最も折れやすい

事実、ネイルが一番取れやすい指は、中指と人差し指だと言われています。

特に中指は手の中でも一番長さがある指なので、掃除や料理で中指のネイルは消耗しやすいです。

掃除では拭き掃除で壁に当たったり、料理では米を研ぐと中指のネイルから剥げていく傾向にあります。

日常生活でも自販機で缶を開けたり、何か作業をするときなどで人差し指と中指はよく使われています。

 

ネイルデザインが理由

中指だけネイルをしない女性の中に、ネイルデザインが原因の場合があります。

女性に人気のフレンチネイルは爪先の爪の伸びた部分だけ色が塗ってあり、それ以外はクリア色のネイルを塗っているデザインです。

そのため、ネイルの先が折れたり伸びてきて爪切りで切ると、色のついた部分は早い段階から無くなり爪の大部分のクリア色は塗っていない様に見えるので、その指だけネイルを塗ってないように見えます。

とくに中指は爪先やネイルが折れやすいため、フレンチネイルをしている人で中指だけネイルをしていない状況をよく見かけます。

 

部分ネイルもお洒落として人気

最近では一本ネイルという言葉があります。

仕事上やオフの手間、金銭的にコスパよくネイルを楽しみたい人のために、ネイルを一本から数本だけ楽しむことができます。

ネイルを10本全部にしなくてはいけないという概念はなくなり、好きな指を自分の都合にあったようにネイルができるようになりました。

ネイルをする本数を減らすことで時間とお金が節約できたり、数本の方が清潔感があるなどという好意見もあります。

指の中でも一番目立つ中指は主張性があることから、部分ネイルをする人でも中指だけはネイルを避けるという人もいるようです。

 

中指のネイルは休息が多い

先にも述べたように、中指は指の中でもネイルの消耗が激しく、ネイルアートをしても取れやすい傾向にあります。

ネイルオフするときには爪を極力傷めないようにきちんと手順を負って優しくネイルオフします。

中指は生活の中で力が加わって折れてしまったり無理やり取れてしまうことが多く、爪へのダメージも大きいため、次回ネイルをするときに中指だけネイルができないことが多くあります。

ネイルは付けるとだいたい2週間もつので、傷んでいる指はお休みをして他の爪はいつも通りネイルをするということも多いです。

 

まとめ

中指だけネイルをしない意味には色々な噂が飛び交っていますが、現実的に中指だけネイルをしていない意味はやむを得ない事情であることも多いです。

最近ではネイルがすぐ取れてしまう中指には敢えてネイルをしない人も出てきているので、中指にネイルをしていないからといって安易な憶測をするのはやめましょう。

今までのように全部の指にネイルをする常識からネイルをする指を選ぶ時代へと変わっているので、ネイルをする意味や用途は人それぞれということを知っておきましょう!

 

おすすめの記事