最近よく耳にするようになったビットコインが気になりますよね?

家電大手「ビックカメラ」では、ビットコインが決済できるようになりました。

世界ではビットコインを利用する人が増えています。これから日本でも決済サービスが増えていくのではないでしょうか?

ビットコインは、中央機関や政府を仲介としない、新しい決済システムで仮想通貨と言われています。

直接1対1で取り引きすることができ、手数料も極めて安価なことから、ネット決済ツールとして現在注目されています。

スポンサードリンク

ビットコインとは?

通常の紙幣や貨幣というのは、政府がどれだけ刷るのかを決定します。

ビットコインはビットコイン採掘ソフトが、流通量を管理し、採掘される量が自動的に調整されています。
簡単にメリットデメリットを説明します。

ビットコインのメリットとは?

ネット上に存在する仮想通貨で、電子的な暗号機能も備えているため、暗号通貨とも呼ばれています。

特定の国が管理しているわけではないので、国の経済情報に依存しにくく、送料手数料もほとんどないので、費用を大幅に削減することができるというメリットがあります。
円やドルと同じように、通貨の価値が変動するので、投資の対象ともなり、現実の買い物にも利用することができます。
ただ、円やドルなどの現実の通貨との違いは、直接手にとって目にすることができないため、ゲーム内で使用するポイントと同じような感覚で使用することができます。
ここまで説明すると、電子マネーと同じだと思う人もいるかもしれませんが、電子マネーとの大きな違いは、価値が変動するため、翌日には増えたり減ったりする可能性があるという点にあります。
メリットとしては、銀行を介していないので、海外への送金も手数料は格安で、煩わしい手続きなども必要ありません。
また、世界共通の通貨ですから、円を現地の通貨に変えるような面倒な手間も必要なく、現地でそのままビットコインで買い物など、さまざまな支払いに利用することができます。
そのほかにも、ビットコインによる取引では、クレジットカードのように秘密情報を送信することがないため、支払いに関する情報が漏れることはありません。

スポンサードリンク

デメリットとは?

一方、ビットコインは暴騰暴落を繰り返しているため、投機的側面があり、国による担保がありませんから、何が起きても国は補償してくれません。
また、セキュリティが強固なため、突然事故などで亡くなってしまった場合、相続できない可能性があります。
そのほかにも、ビットコインには匿名性があり、マネーロンダリングの可能性もゼロではありません。
このように、ビットコインにはメリットとデメリットがありますから、使用する際には十分注意が必要です。

ビットコインは、まだ歴史も浅く、現時点では資産運用の対象として見られていないのが現状です。
ただ、世界的には、ハイパーインフレをしているような国では、ビットコインを代替資産として保持する動きが活発化しつつあり、金や貴金属などを保有するように、資産として考える人が増加しつつあります。

ビットコインの使い方

ビットコインは、取引所で購入するのが一般的です。国内で購入できる取引所に、口座を開き、現金などで購入することができます。
また、取引所以外でも、ポイントサイトで獲得したポイントを、ビットコインに交換することも可能です。
そのほかにも、処理能力の高いマシンを保有していれば、自分でビットコインを発行することもできます。
現在では、まだ取引できる場所も限られているため、通貨としてはまだ未熟ですが、アメリカではビットコインで支払いを行うところも増えていますから、今後日本でも広がっていくと考えられています。

ビットコインは投資?

ビットコインを購入すれば、いつかは価格が上昇して儲かるのではないかと思っている人も多いと思いますが、それは、株と同じで絶対という言葉はありません。
投資の対象としても魅力的なビットコインですが、まだ仕組みをよく理解していない人も多く、いろいろと都合のよいことを並べた詐欺も横行しています。

仮想通貨は、数百種類もあり、市場の大きさなどでランキングされています。
投資詐欺にだまされないためにも、ランキング20位以内に入っているかどうかで見極めることがポイントです。
投資詐欺にあわないためには、運営先や金融商品の仕組みなどを詳しく調べ、リスクの小さなやり方を見つけることが大切です。
また、信頼できる人の考え方に追随するというのも、失敗しないためには有効な方法といえます。

ビットコインは、実物の紙幣や貨幣があるわけではなく、インターネット上に流通している形のない仮想通貨です。
あくまでもデータの中だけにしか存在しませんが、2009年に登場して以来、総額は2兆円を超えています。

ビットコインを所有するメリットには、手数料がほとんどかからずに送金することができ、インターネットでの取引となるので、24時間リアルタイムで処理されます。
また、世界共通で使用でき、海外送金の手数料も大幅に削減することができ、資金調達の場面でもビットコインは活躍の可能性を秘めているといえます。
政府にとっては、税金の問題やマネーロンダリングなどの問題もあり、メリットばかりとはいえませんが、今後利用店舗も拡大し、ビットコインの口座を持つ消費者が増えると考えられています。




関連キーワード
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事