ラグジュアリーとは?

ラグジュアリーとは、贅沢なだとか、豪華な、そして贅沢さなどを意味しています。
最近では、ファッションの雰囲気などを形容する場合に、使われることが多いです。

贅沢品や、高級品などを表現するときに使われる言葉です。

最近では、高級品として値段が高くなくても、ラグジュアリーな雰囲気であれば、そのように形容することが多く、値段が関係ないこともあります。最近では、豪華な贅沢さというものよりも、時間をかけて作られていて、繊細であるものだとか、時間や発想だったり、さらには、優雅で洗練されたデザインだったりと、その価値観が変わってきているといえるでしょう。

ただ贅沢なものがラグジュアリーというわけではなく、富裕層でなくても着こなすことが出来、ラグジュアリーな雰囲気を出すことは可能であるといえるでしょう。

スポンサードリンク

ファッション用語で使われるラグジュアリーとは?

ファッション用語で、ラグジュアリーという言葉を聞く機会は非常に多いといえるでしょう。
元々、言葉の意味は、贅沢なだとか、高級品だとか、豪華なという意味合いがあります。

ファッション業界において、このラグジュアリーですが、主に高級ブランドなどのハイブランドを指すことが多いです。

たとえばLOUIS VUITTON、CHANEL、PRADA、GUCCI、HERMES、こういったみんなもご存じの、高級ブランドのようなファッションを指すことが多いといえるでしょう。

ファッションにおいてのラグジュアリーは、ほとんどがヨーロッパから発祥したハイブランドであることが分かります。

元々、富裕層の嗜好品として作られたのが、こちらのハイブランドとなっています。
ラグジュアリーブランドは、世界の最先端であり、一流の世界観や、そのブランド力があるというのが特徴です。

扱っている商品なども一流のものが非常に多くて、ハイセンスな感覚であることが多く、一般のファッションブランドとは少しそのセンスなども異なるといえるでしょう。

スポンサードリンク

ラグジュアリーファッションとは?

ラグジュアリーファッションは、このように、世界の一流ブランドなどのハイブランドを指すことが多いです。このため、一流の気品があり、そして着こなすのには、ハードルが高いといえるでしょう。

しかし、最近の価値観として、ラグジュアリーブランドといっても、必ずしもヨーロッパのハイブランドでなければいけないというものではなく、値段どうこうではなく、ラグジュアリーな雰囲気を出すことも可能です。

もちろん、高価なハイブランドなどを元々、ラグジュアリーブランドと言います.

最近では、手の届く範囲のブランド品であっても、ラグジュアリーブランドと呼ぶことも出来、こういったブランドをコーディネートに組み合わせたり、組み込んだりすることだけでもラグジュアリーファッションを実現することは可能です。

贅沢だけど頑張れば手の届く範囲のラグジュアリーファッションブランドなどが人気となっていて、値段をいかにかけるのかというところではなくて、いかに手の届く範囲で、ラグジュアリーファッション感を出すのかというところがオシャレであると考えられている部分もあるといえるでしょう。

最近では、富裕層だけをターゲットにするのではなく、収入自体はそこまではなくても、人口が多い層を狙って、ファッション業界も新たなラグジュアリーファッションを打ち出しているといえるでしょう。

そうしたブランドと同じぐらい、またそれよりもしたのブランドなども出てきて、ラグジュアリーブラントといっても、ハイブランドだけではなく、以前よりも幅が広がってきているといえるでしょう。

コメントを残す