社会人になって遠距離恋愛をうまくいかすためにはいくつかのコツが必要と考えます。

社会人になると学生と違い、いろいろな人との付き合いや、日々のストレスで時間に追われる毎日を送ることが大半です。

そういった状況で、本来であれば彼氏、彼女と時間を共有することで心のケアができることもあるのですが、遠距離恋愛の場合はなかなかうまくいかないことがあります。

そこで遠距離恋愛をうまくいかすためのコツをいくつか説明していきます。

スポンサードリンク

社会人になって遠距離恋愛する4つのコツ

遠距離恋愛関連記事

1:お互いに束縛しない関係が大切です

社会人になるとお互い時間を必要とします。学生のようにいつでも時間が空いているような状況ではなくなっております。

そのため、時間を有効に活用するために、お互いを束縛しない関係にすることが大切だと考えます。

彼氏、彼女は共に束縛することで相手を意識していたいと感じるものです。しかし、時間がない状態で学生時代のように束縛する、されるの関係ではお互い気持ちも体も持ちません。

そのため、遠距離恋愛を継続させるためにもお互いが大人になり、お互いの時間を尊重できるように束縛しない時間を持つことが大切なのです。

もちろん、一緒にいるときは束縛する時間を持っても構いません。

しかし、離れているときは、あえて束縛をしない時間をお互い持つのです。その束縛をしない時間をもつことで、お互い自分の時間を持て、心のリフレッシュや、自分磨きに時間を費やし、相手のことをゆっくりと考える時間も持てるため、お互いがとても穏やかな気持ちで恋愛をすることができるのです。

2:毎日の電話での話は避ける

電話でお互いに話をするという行為はとても大切です。

相手の気持ちを確かめる上でも有効的なツールではあります。

しかし、そのツールを毎日使うことはお勧めできません。もちろん毎日話したいと思う気持ちは分かります。しかし、お互いの時間が必ずしも毎日空いているとは限りません。

どちらかの時間が空いていないことにより、連絡しても出ないため変に不安になってしまうこともあるだろうし、わざわざ電話するための時間を作る、つまり、毎日電話で話をすることが義務になってしまってはお互いの気持ちが持たなくなります。

そのためにも、毎日電話でお話をするという習慣を設けることはやめるべきです。お互いがお互いの時間を大切にしてあげたいという気持ちをもち、一週間に2回程度、電話で話をすれば、きっと遠距離恋愛は継続できると思います。

スポンサードリンク

3:月に1回は二人で会う

遠距離恋愛の場合、なかなかあえないジレンマがあります。

そのため、会いたいという気持ちが最初はあります。しかし、人間は環境に馴染んでしまう生き物でもあります。そのため、会わないことが当たり前になってしまってはもともこもありません。

つまり、最初は毎週、もしくは月に1回程度あっていたにもかかわらず、時間や費用の関係から徐々に会う回数が減っていくことがあります。そして、会わないことに慣れてしまって、付き合っていることが自体が惰性になってしまうことがあります。

これでは遠距離恋愛を続けている意味がありません。その惰性的な状況を招くことを防ぐためにも、月に1回は会う機会を持つことを続けてください。

二人で会うことが一番大切であり、二人で会う行為が継続できれば、お互いに相手のことを大切に思えるからです。恋愛は常に惰性的になりがちです。惰性的になりがちで、すべての行為が義務に感じてしまうと、気持ちは徐々に離れていきます。それを回避するためにも実際に二人で会うことを維持してください。

4:イベントは大切にしてください

クリスマスや誕生日などのイベントは絶対に大切にしてください。

相手のことを常に考えているということのバロメータになります。遠距離恋愛ならなおさら、そのイベントの日は大切にすべきなのです。お互い、時間のない中、相手のことを考え行動しております。

その結果、お互い距離が離れていても気持ちはつながっていられるのです。そこで、イベントに対しては大切にし、二人で過ごすことを心がけてください。

クリスマスや誕生日だけでなく、季節ごとに1回はイベントの日を設けることをお勧めします。春であれば花見、夏であれば花火、秋であればドライブ、冬であればカウントダウンなど、何でもいいのです。

二人で過ごすイベントを持つようにしてください。遠距離恋愛は思い出を作る日が他の恋愛に比べて少ないのです。少ないが故に、イベントを設けてそのイベントの中でお互いの思い出を作るのです。

思い出が蓄積されていれば、どんな苦難も乗り越えられます。季節ごとにイベントを設けていれば、1年間を通してお互いがお互いを必要としていると認識することができます。

お互いの気持ちをお互いが認識するためにも季節ごとのイベントは大切ですし、一緒に二人で過ごすべき時間なのです。これさえ維持していれば、遠距離恋愛であっても他の恋愛同様、距離に対する抵抗感は軽減されるはずです。




関連キーワード
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事
2月イベント
節分といえば、2月3日によく豆まきをするというイベントのイメージです。 子供の頃は、意味も分からずやっていましたが、今と思えば大切な行事だっ...