田県神社豊年祭

毎年3月15日に愛知県小牧市田縣(たがた)神社で行われる豊年祭。

五穀豊穣、万物育成、子孫繁栄を祈願する祭です。

これがまた普通じゃない祭りで有名なんです。

ちょっと目を疑うような神輿が出てくるんです。

本当にこんなのやってるの??

って感じの祭りです。

毎年新しく檜で大男茎形を奉製して田縣神社の神様にお供えし、
今年一年が豊かな年であることを祈るとともに、万物の育成、子孫の繁栄を祈願する当社最大の神事です。

ぜひ、直接行って観るか、もしくわ動画でも観ていただきたいと思います。
田縣神社にはどうやっていけばいいのか?
駐車場があるのか田縣神社豊年祭について紹介します。

スポンサードリンク

田縣神社への主なアクセス方法

田懸神社の住所

小牧市田県町152

境内無料駐車場約50台ございます。(大型バス兼用)

通常の日であれば使えるのですが、豊年祭(3月15日)当日の一般車両駐車は出来ません。

周辺の駐車場も混雑しますので、電車などを利用したほうがスムーズに移動ができます。

公共交通機関を利用しましょう!

公共交通機関

【名鉄利用】

「名古屋駅」から名鉄犬山線に乗ります。

「犬山駅」で名鉄小牧線に乗り換えます。

名鉄「田県神社前駅」に下車します。
そこから、徒歩5分

【地下鉄利用】

「名古屋駅」から市営地下鉄桜通線又は東山線を乗継ぎます。

名城線「平安通駅」で上飯田線に乗り換えます。

名鉄小牧線連絡して名鉄「田県神社前駅」に下車。

そこから徒歩5分です。
【タクシー】

県営名古屋空港(小牧空港)より約25分

名鉄小牧駅より約15分(混雑時20分以上)

駐車場情報

3月15日でなければ、境内に駐車場がありますので、車で行くことができます。

田懸神社には参拝者用の無料駐車所があります。

場所は境内のすぐ横です。
田懸神社に行けばすぐにわかります。
自動車・観光バス

「名古屋方面より」

東名高速道路 小牧インターチェンジ下車41号線北上します。

”村中”交差点を右折し155号線を東に進みます

”小牧原”交差点を左折して、しばらく北上、”味岡”交差点通過後間も無く左手側。

「岐阜方面より」

41号線を南下、犬山市”五郎丸”交差点を側道沿いに左折します。

しばらく南下し、”久保一色”交差点通過後間も無く右手側に見えます。

スポンサードリンク

奇祭として有名な祭事

「ほうねんさい」または「ほうねんまつり」と読みます。

別名「扁之古祭(へのこ祭)」ともいう。

この祭り男たちが「大男茎形(おおおわせがた)」と呼ばれる男根をかたどった神輿を担いで練り歩くんです。

まあー見事にリアルに表現したものを担いでいらっしゃる。

女性、巫女たちは小ぶりな男根をかたどったものを抱えて練り歩きます。
女性に持たせるてるー!

みていて笑えて来ますね。

「子どもを授かる」と言われているんです。
意味は

男根を「天」、女陰を「地」と見立ています。
「天からの恵みにより、大地が潤い、五穀豊穣となる事と子宝に恵まれる」

祈願しているんです。
春に行われる理由は、「新しい生命の誕生」を意味するからです。
少し離れた場所にある犬山市の大縣神社の豊年祭(別名「於祖々祭(おそそ祭)」)が対になっています。
女陰をかたどった山車などが練り歩く。

日時とスケジュール

日 時 平成29年3月115日 午前10時頃より午後4時頃まで

場 所 田縣神社(本年のお旅所は「神明社」となります)

参考として平成28年諸祭事のスケジュール

午前10時
大男茎形及び神宝類等、お旅所に安置。
御輿を担ぐ厄男の献餅行列、尾張中央農協味岡支店前出発。

午前11時前
厄男による献餅行列、田縣神社に到着。

午後1時
お旅所にて『御前祭』(御輿行列出発神事)を斎行。
厄男・行列奉仕者等参列。

午後2時

御輿行列お旅所を出発。

午後3時
『例大祭』を田縣神社本殿にて斎行。

午後3時半
御輿行列田縣神社に到着。(約120名参加)

午後4時
奉祝餅投げ。
田縣神社とは

創建の年代は不詳で、かなり古い神社である。
祭神は御歳神と玉姫神で、五穀豊穣と子宝の神である。

境内には、男根をかたどった石などが、多数祀られている。

なお「縣(あがた、けん)」と言う字は、「県」と言う字の旧字体(一部の辞書では、異体字としているものもある)です。

そのため「田県神社(読みは同じ)」と表記する場合もある。

まとめ

毎年3月15日に愛知県小牧市田縣(たがた)神社で行われる豊年祭。

五穀豊穣、万物育成、子孫繁栄を祈願する祭です。

奇祭と言われるほどの理由は、神輿にあります。

男性器に見立てたものを神輿にしているんです。
なんか、参加する子供がすぐできそうです。

僕は最近結婚したばかりですから、行くべきですね!

ちょっと恥ずかしいですけど、みんなやっていますから平気です!

スポンサードリンク

コメントを残す