チュニックワンピとは?

チュニックワンピというのはレディースファッションのトップスの一つです。

お尻が隠れる丈のあるものをチュニックと呼んでいることが多いのですがその中でも丈の長いのがワンピースというカテゴリになっています。

スポンサードリンク

チュニックとワンピースの違いは?

というと、チュニックとはお尻が隠れる丈のが多いのでボトムと合わせてコーディネイトを楽しむものが多いのですがチュニックワンピとはワンピースのカテゴリ内になるのでそれ一枚で完成したスタイルになる事が多いです。
元々ワンピースというアイテムはトップスとスカートが一緒に繋がった形状の洋服ですので1枚で着こなすことが前提に作られていることが多いのです。

チュニックの選び方

では、着回しが効くチュニックの選び方とはいったいどういう事かというと、ずばりデザインによっても違うのですが膝丈ぐらいのチュニックを選ぶと、ボトムを合わせればチュニックになるしそれ一枚だとワンピースになるしという事で着回しが効くアイテムに早変わりします。

最初からチュニック型のワンピースを選んでしまうとドレス性の強いワンピースとでしか着れないのでボトムを合わせることはできなくなってしまいますのでワンピースを選ぶのではなく膝丈のチュニックを選ぶことで下にデニムをはいてみたりと色々コーディネイトが楽しめるようになります。

チュニックとは元々古代ローマの貫頭衣「トゥニカ」が語源で膝丈からくるぶし丈まである衣装の事なので長さは長いのでワンピースだという事ではありません。
ですが基本的にチュニックは前提としてボトムが必須でコーディネイトが必要であるのに対してチュニックワンピースはドレスの一種なのでそれ一枚で完成されたスタイルなので、デザインによっては正装になるものです。

スポンサードリンク

チュニックとブラウスの違い

また、チュニックはブラウスともよく混同されることがあるのですがブラウスは前でボタンを留めることを前提とした作りの洋服なのですがチュニックは必ずしもボタンがある必要はありませんしまた、ブラウスは裾をスカートやズボンの中に入れることを前提としていますがチュニックは裾は入れないで着ることが前提の洋服になります。
これは基本的に貫頭衣という元々の洋服の特徴の名残ですが中央に開けられた穴から頭を出して着るごく単純な構成の衣装をチュニックと呼ぶので裾を入れて着るシャツの一種であるブラウスとは構造が違います。
またワンピースとはドレスの一種になるのでカジュアル性が強いチュニックとは全く違うものになります。

チュニックの選び方

これらを踏まえて着回しが効くもので選ぶなら、まずボトムを合わせても切れるデザインかということとワンピースとしても着たいのであればお尻まで隠れる丈ならワンピースとしては短すぎるのでできれば膝丈ぐらいまで欲しいところです。
また裾がワンピースとして作られているものはAラインになっていたりするのでスカートに当たる部分が広がりすぎていないかということも重要です。
スカートが広がりすぎてしまっているとやはりワンピースとしての色合いが強くなってしまい、ボトムを合わせて着るとコーディネートとしては失敗してしまう事が多いのでワンピースとして切るならIラインかタイトスカートになるような感覚で選ぶと失敗が少ないと思います。
またデザインも最近では少し丈の長いものは全てチュニックと称され膝丈のものはチュニックワンピと称されることが多いので誤解を生むかもしれませんがアイテムもニットやらアウター、シャツなどといった様々な系統に分かれているのであとはデザインで選ぶと良いと思います。
もし選ぶのに迷ったなら欲しいと思ったチュニックにボトムを合わせてみてデザインとして間違ってないか検討し、逆に一枚で着ても違和感がないかを検討してから購入するとワンピースとしてもボトムとコーディネイトしても着れるので着回し力が2倍になるので便利なアイテムになると思います。

コメントを残す