小学生のブラジャーをつけるタイミングとは?

最近は小学生の女児でも体の成長が早くなっているためブラジャーが必要になる時期も以前と比べると随分早くなってきました。

そのお子さんの成長具合にもよりますが、だんだんバストのふくらみが目立ってくるのはだいたい早い子では小学校3年生ぐらいからですが、平均的には4年生ぐらいで少しずつふくらみはじめることが多いようです。

バストがふくらみはじめると乳首も大人のように少しずつ大きく飛び出してくるようになります。この時はとても敏感になってきて痛みなどを感じやすくなります。

特にシャツや洋服などが擦れるようになってくるとかなり不快感や違和感を感じはじめるようです。この時が小学生のブラジャーをつけることを考える時期に重なることがほとんどです。

スポンサードリンク

小学生のブラジャーの選び方

まず、初めてのブラジャーの選び方はとても大切で、通常の女児ですとやはりいきなり普通のブラジャーをするのは恥ずかしいという思いも強いです。

ふくらみ始めたばかりのバストには通常の形のブラジャーはフィットしない場合も多いので、最初はバストの部分が二重になっているタンクトップやハーフトップなどがおすすめです。

これらのハーフトップやタンクトップの素材はあくまでも柔らかいコットンのものを選ぶようにします。

そうすることで刺激を感じやすく敏感なふくらみ始めたバストをしっかり守ることができるので普段の活動で違和感を感じにくくなり快適に過ごすことができるようになるでしょう。

また締め付けないような素材のものを選ぶことも大切です。まだバストは揺れるほど大きくないのでゆったりめでそっと包む程度のブラトップが最も快適です。

バストの成長はだいたい3段階ぐらいに分かれており、最初に乳首が少しずつ大きくなってきて、やがてバストが少しずつ大きく広がって来ます。

さらに高さが少しずつでてきて最終的には大人のような豊かなバストが完成してくるという感じになります。この段階ごとに選ぶブラジャーを変えていくのが理想です。あるていどふくらみが出てくると体育の時などにも揺れてしまうことが考えられるので、そうなった段階では子供用で普通のブラジャーの形を選ぶようにすると良いでしょう。

小学生のブラはどこで購入する?

小学生のブラジャーを購入するのは、やはり通販よりも実店舗での購入をおすすめします。きちんと手にとって素材を確かめ、また試着してフィット感を確かめてから購入することは大切な基本のポイントになります。

サイズがあってないものを選んでしまうとバストを守るどころか逆効果になってしまう可能性もあるからです。フィット感を確かめることを重視するなら通販は失敗する確率が高いということになります。

またできればきちんと採寸やフィット感を確かめてくれるスタッフがいるお店で購入を検討した方が良いでしょう。

最後に、小学生の娘さんのバストが少しずつ膨らんで来た時には、同じ女性としてお母さんが、お子さんの不安な気持ちや恥ずかしい気持ちなどにしっかりと耳を傾けてあげて欲しいですね。

スポンサードリンク

お母さんの気をつけるべきこと

お母さんからのアドバイスやサポートによって初めてのブラジャーでも違和感なくスタートさせることができますし、何よりも自分の体の変化をしっかり理解して受け入れ大切にする気持ちを育ててあげることが母親としての大きな役割だと言えるでしょう。初めてのブラジャー選びはぜひ母娘でお店に行って、お気に入りの一枚を見つけてあげると良いでしょう。

毎日着替えることを考えてだいたい一週間分ぐらいのブラジャーを用意してあげるのが理想です。洗濯にも耐えるしっかりとした生地のブラジャーを選んであげましょう。ブラジャーの付け方もお母さんが教えてあげて良いアドバイスをしてあげられると尚良いですね。
>>小学生のブラジャーはこちらから購入できます

コメントを残す