水戸の梅まつり

2月中旬から3月の下旬まで開催されている人気の観光スポット水戸の梅まつり。

120回を超え、毎年水戸には多く人が訪れています。

国内でも有数の品種が豊富なのがウリです。

なんといっても、日本三名園のひとつ 偕楽園!

約100品種3,000本もの梅が植えられています。

見ごろはいつなのか?

駐車場は?

水戸の梅まつりについて紹介します。

スポンサードリンク

水戸の梅まつり見ごろは?

水戸の梅まつりは多くの品種があるため

長期間にわたって梅を観ることができます。

「早咲き」「中咲き」「遅咲き」に分かれて、咲いています。

ですので、いつ観に行っても見ごろの梅があります。

安心して観ることができますよ。

「早咲き」「中咲き」「遅咲き」の梅を紹介します。

さすがにすべてを紹介するのはできませんので、少しですが紹介します。

【早咲き・1月下旬~2月下旬】

  • 烈公梅(れっこうばい)
  • 白難波(しろなにわ)
  • 八重寒紅(やえかんこう)
  • 八重冬至(やえとうじ)

【中咲き・2月上旬~3月上旬】

  • 月影(つきかげ)
  • 柳川枝垂(やながわしだれ)
  • 虎の尾(とらのお)

 

【遅咲き・3月上旬~4月上旬】

  • 江南所無(こうなんしょむ)
  • 白加賀(しらかが)
  • 春日野(かすがの)

アクセス

車の場合

常磐自動車道

「水戸I.C」または「水戸北スマートI.C(ETC専用)」を降りて約20分

北関東自動車道

「茨城町東I.C」または「水戸南I.C」を降りて約20分
混雑しますので公共交通機関がおススメです。

さらに「梅酒まつり」や「地酒祭り」などはアルコールが入っていますのです、それ目的の場合は

電車やバスの公共交通機関を使いましょう。

駐車場について

偕楽園の駐車場はあります。

ただ普段は無料ですが、 梅まつり開催期間中は 有料です。

料金は1日500円です。

偕楽園の周辺にも、たくさんの駐車場があります。

徒歩10分圏内の所にあります。

公営『常磐神社駐車場』

住  所:茨城県水戸市常磐町1-3-1

料金:マイクロバス:1,000円(1日1回)
普通車:20分100円 5時間以上1500円
二輪車:1日1回200円
台数:100台

偕楽園・桜山駐車場1

住  所:茨城県水戸市見川1丁目

料金 普通車:1日500円
台数:272台

徒歩10分~15分
偕楽園・桜山駐車場2

住  所:茨城県水戸市見川1丁目
料金:1日500円
台数:135台

偕楽園・桜山駐車場3

住  所:茨城県水戸市見川1丁目
料金:1日500
台数:76台
千波湖西駐車場

住  所:茨城県水戸市千波町2765
料  金:大型バス  :2500円
マイクロバス:1500円
普通車   : 500円

偕楽園下駐車場

住  所:茨城県水戸市常磐町1-6093-1

料  金:大型バス  :2500円
マイクロバス:1500円
普通車   : 500円

台  数:200台

千波湖D51駐車場

台数:150台

料金:1日500円

電車の場合

梅まつり期間中は、「偕楽園臨時駅」が開設されます。
「偕楽園臨時駅」から偕楽園までは徒歩で約3分です。
この臨時駅は、イベント期間中のみの開設で、下り列車しか停車しません。
東京から来るときは利用できるのですが、帰りは利用できません。

土日祝などに限定されています。

常設しているお寄りの駅はJR常磐線「水戸駅」です。
水戸駅からは、バスでの移動です。

偕楽園行きのバスがあります。

約20分で偕楽園に到着します。

バスの場合

JR常磐線「水戸駅」北口4番乗り場もしくは6番乗り場より

偕楽園行きバスで約15分「偕楽園前」下車

または
北口4番乗り場桜川車庫方面行きバスで約15分「歴史館偕楽園入口」下車

開催日

開催日は2月の下旬から3月の終わりぐらいまでです。

ちなみに2016年は
2月20日(土)~3月31日(木)まで開催されていました。
そして、三月の上旬の3日間だけ

日没後から21時までライトアップ「光の散歩道」がされています。

スポンサードリンク

他にもイベントが

3月中旬には、「夜・梅・祭」(よる・うめ・まつり)のイベントがあります。

一万個のキャンドルによるライトアップがあります。

梅と一緒にキャンドルのライトアップを楽しむのもいいですよね。
他にも、
常磐神社では水戸大神楽の演奏
地元の脳紗物をつかった多くの屋台フード
などがあります。

フィナーレでは花火が打ちあがります。
梅酒大会もある!
常磐神社境内にて梅酒大会が行われます。

180種類以上試飲できる参加イベントです。

これは有料です。

500円 前売り
600円 当日

料金

偕楽園 入園料無料
好文亭 入館料 200円(小中学生 100円)※団体割引あり
弘道館 観覧料…大人200円(小中学生100円)※団体割引あり ※70歳以上無料

開園時間

偕楽園 6:00~19:00
場合によっては時間の変更有 ※ライトアップ期間(3月上旬の3日間)21時まで
好文亭 9:00~17:00
※ライトアップ期間
弘道館 9:00~17:00
日によって時間の変更有

梅まつりは混雑します。

3月上旬から中旬にかけてが一番混雑します。

2月中はそれほどでもありません。

年のよっては、梅の見頃の時期が変わってきますので、2月中でも混雑する可能性はあります。

混雑を避けるなら平日。

昼頃になると人が集まり始めますので、早い時間にいくのがおすすめです。

まとめ

水戸の梅まつりは、いついっても見ごろが迎えている梅があります。

ただ、人気なのは、3月あたりで混雑が予想されます。

周りに、駐車場もありますが、土日祝は早い時間に埋まってしまう可能性があります。

公共交通機関を利用するのが、おススメかと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す