スマートフォンを使っていて、

電池減って熱くなってしまうスマホの状態を、体験をされてきた方も少なくは無いのかもしれません。

そこで今回は、そういった事態に対応が可能な方法や手段などについて、今から触れていきます。

スポンサードリンク

スマホの電池が減るを対処

 

充電されている電力量が少ない場合と多い場合とに分けて、それぞれでのケースについて見ていきます。

電池残量が少ない場合

このような事例では、そのまま本体電源を切らないまま、端末本体の熱を解消していくやり方になります。

再起動をさせたやり方などを行うと、電力量を全てその場で使い切ってしまう恐れがありますので、それによらないやり方について、ここでは触れていきます。
充電をされている電力量が半分以下程度の場合、これも端末本体毎にもよりますが、設定でアプリを選び、そのキャッシュや余計な不要なアプリの消去などの作業を行います。

それだけでもだいぶ大幅な容量確保分の余裕が出来、その分に余計な電力量やデータなどの消費をしたりするような事がありませんので、本体の熱などもある程度解消させたりする事が可能です。

ただし、また使用を再開したりしたうえで同じような扱い方を行った場合には同じ繰り返しになりますので、注意が必要です。

充電されている電力量がわずかな場合

これが実は一番の課題かもしれません。この場合、今話した電力量が半分以下でもある程度残っている状態での話での操作が1回くらいしか出来ませんので、キャッシュやアプリの削除を行い、コンセント電源などで充電が可能な場所に着くまで、なるだけ端末本体を使用しないようにします。もうこの方法しかありません。

電力量が多い場合

それでは今度は次に、端末本体内の充電された電力量にある程度の余裕があり、充電用バッテリーを所持していない場合でのケースについてです。

この場合には、1、2回あるいは3回程度、端末の種類や型、メーカー毎などにもよりますが、再起動による作業などが可能ですので、大いにやってみる価値があります。

ただ、やはり充電用バッテリーが無いような状態での本体にある熱の解消方法になりますので、決して無理が出来ない事には何ら変わりが無いといえます。
いくら端末本体の電力量が満タンなどではあっても、その消費状況などは端末毎により様々ですので、この点を留意をしておかなくてはなりません。

本当に端末毎での電力消費量はまちまちであり、そのうえで色々なその場での状況や周囲からの影響などがあったりしますので、注意が必要です。
余計なキャッシュやアプリの削除などに関しては、先程の端末本体の電力量が少ない場合でのやり方と同じになります。ただ、今回のような場合には、ある程度の充電された電力量自体に余裕がある状態ですので、ついでに消費電力節約システムへの切り替えをしながらでの、再起動といったようなやり方なども良いかもしれません。
それでもやはり、端末本体によっては、そうした節約システムへの切り替えの状態の場合によっては、再起動やキャッシュや余計なアプリの削除などが行えない機種などもあったりしますので、このような点にも気を付ける必要性があります。

事前に、今話した消費電力の節約システムでの状態でも、熱を逃がす作業が可能であるかどうか、普段の時間がある時に確かめたりしておく事は、とても大切です。

スマホが熱くなる原因や対処法について他にも記事がありますので、参考にしてみてください!

参考記事▶スマホが熱い!原因を見極め対処法を考えよう!

スマホの熱を冷やす一番効果的な対処法!

さいごに

以上が、電池が減る状態での、熱のある端末本体を正常な状態へ戻すための、電源がいらない対処の方法でした。

完璧な確実性のある効果てきめんなやり方などという訳ではありませんが、それでも実際の今まで話したようなケースなどにおいては、かなり対応が可能なそれぞれの場合での対応手段といえますので、やってみる価値は大いにあるといえます。
事実としてこうした端末本体にこもる熱といったものは、低温質やけどや自然発火その他、様々な問題を起こしたりしている数々の過去などもありますので、十分に気を付けながら対処していくべき課題であることは、言うまでもありません。




関連キーワード
日常・生活, 節約の関連記事
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事