パルフェ、パフェ、サンデー。同じようなイメージを持つ、スイーツを意味する言葉ですが、その違いは何でしょうか。

また、どちらかと言えば一般的ではないパルフェという言葉ですが、それは具体的にどのような物を意味し、どこから来た言葉なのでしょうか。パルフェという言葉と、パフェやサンデーとの違いや関連性について調べてみました。

スポンサードリンク

 

パルフェとは?

パルフェとはフランスのコース料理などで出てくるデザートのことです。フランスでは、卵黄に砂糖やホイップクリームを混ぜて冷凍して凍らせ、その凍らせたアイスクリームにチョコレートや果物のソース、冷たい果物が加えられた物が一般的です。

フランスのパルフェではあくまでもアイスクリームがメインであり、それを取り入れた日本の方が果物やお菓子などのトッピングを多く乗せているようです。

パルフェとパフェの違い

「パフェ」は、和製語です。そもそも「完全な(デザート)」という言葉を意味する「パルフェ」を語源とする言葉です。そのフランスの「パルフェ」が日本に取り入れられ、それに手が加えられ日本風にアレンジされたものが「パフェ」と呼ばれていると考えられます。
日本ではアイスクリーム、フルーツ、ミントの葉や果物、チョコレート、焼き菓子、クリームやソース、シリアル、ナッツなど様々なトッピングが加わることが多く、トッピングの量もフランスのパルフェよりも多いことからバリエーションも非常に幅広いのが特徴です。
語源である「パルフェ」はフランスで出されるスイーツですが、アイスクリームがメインなので、アイスクリームの他には冷やした果物や生クリーム、ソースなどが添えられることもある、といった程度です。

スポンサードリンク

パルフェとサンデー の違い

サンデーはアメリカ生まれのスイーツです。
アメリカでは元々キリスト教徒が多く、日曜日には質素な物を食べる習慣があったことから日曜限定で作られた質素なスイーツである「サンデー」が登場したと言われています。
また、元々パルフェはフランスで食後にだされるデザートですが、サンデーは食事と食事の合間の完食として食べられていたという違いがあります。
さらに、フランスでは主に夕食後に出されていたデザートがパルフェで、アメリカでは食間、つまり日中に食べられていたのがサンデーという食べる時間帯の違いもあります。
パルフェとサンデーは、具材については大きな違いはないのですが一般的にはパルフェは縦に細長いグラスなどの容器に盛られ、サンデーは丸くて高さの低い容器に入れられることが多いようです。また、比較するとサンデーの方が量が少なめなようです。

 

パルフェの語源は?

「パルフェ」とはフランス語で、「完全な(デザート)」を意味する言葉です。「Perfect(パーフェクト)」と同じ意味です。生クリームとアイスクリームを一緒にした「完全な」お菓子ということでそのように呼ばれるようになったそうです。

まとめ

パルフェを語源にした言葉がパフェであり、フランスから来た言葉であることがわかりました。また、サンデーはアメリカ生まれのスイーツであるという違いもわかりました。
しかし、現在の日本ではパフェもサンデーも大きな違いは無く、使用される具材や器も人によって様々であり、共通点としては冷たいデザートであるということです。
二つの名称の使い分けは、それを提供する人次第のようです。提供する側だけではなく食べる側にとってもサンデーとパフェを違う意味で使い分けている人はあまりいないようです。
また、現在の日本ではパルフェと言う言葉は一般的では無く、それを日本風にアレンジしたデザートを意味する「パフェ」という言葉の方がよく使われています。

コメントを残す