人間関係が幅広い人であれば、結婚式人間招待される機会も多く、そのため家計を圧迫してしまい、ご祝儀貧乏に陥る人も多いかと思います。

そうならないためにも幾つの対策を施すことが必要になってきます。

自分以外の人の幸せを祝うあまり、自分自身が不幸になっては元も子もありません。

人間関係を前向きに整理し、自分自身の生活も有意義なものとしましょう。

今回は、ご祝儀貧乏にならないための対策を紹介します。

スポンサードリンク

ご祝儀貧乏にならないための対策

結婚式に参加するかを判断

結婚式に招待してくれるということは、あなたのことを少なからずその人にとっては、ある意味大事な位置づけになっている人物であると言えます。

その位置づけが「人数合わせ」なのか、「結婚を祝って貰いたい人」として呼んでいるのか見極めてみましょう。

前者であると自分で見極めた場合場合思い切って欠席しても構わないかと思います。

もっとシビアに見れば、自分はその人の結婚を心から祝いたいのか自問自答してみることも良いと思います。

結婚式に呼ばれる人というのは「親戚」・「友人」・「会社の同僚」・「会社のお付き合い」・「知人」などに分かれると思います。「親戚」というのは自分だけでなく、欠席することによって自分の親族にも影響を及ぼすことになるので、もっとも欠席するのが難しい関係だとも言えます。

しかし日頃あまりお付き合いのない親戚であれば、別に出席する親しい親戚に結婚式の出席は頼んで、自分はちょっとした贈り物を出席出来ない理由を添えて贈るのも良いと思います。

友人の場合

次に「友人」ですが、こちらは見極めただ方が良い関係であると思います。

「友人」と言っても幅広く、友人ではあるけれどそんなに仲の良いわけではない関係という友人はたくさんいると思います。

ずっと青春を共に歩んできたり、お互い何かあった時は相談するような関係の友人ならば、ぜひ出席すべきだし祝うべきだとも思います。

しかしなんとなく同じグループの友人であったが、あまり仲の良い関係ではない友人であれば、思い切って欠席の旨を伝えても良いか時は思います。

その際は自分が欠席することによって、グループでの自分の立場が危うくなるのか、そもそもそのグループにいることがこれからの人生、自分にとって大したことではないかなど、これまでの人間関係を整理する良い機会として捉えてみるのも良いか時は思います。

自分の結婚式に参加した人

また希薄など関係ではあっても、自分の結婚式に出てくれた人であれば、参加すべきだ時は思います。

自分の時は来てくれたのに、相手の時は行かない時はいう考えは、人としてどうかどうか思われます。

また、「会社の同僚」、「知人」、「会社やサークルなどでお付き合いのある方」からの招待も同様に、自分の結婚式に出席してくれた方の結婚式は基本参加すべきです。その人自身も家計や時間をやりくりして参加してくれたわけですから出席すべきだと思います。

けれども「会社の同僚」、「知人」などからの結婚式の招待は、一番「人数合わせ」同僚して呼ばれる確率の高い人間関係とも言えます。

もし自分の結婚式に呼んでいない方、参加されていない方で、明らかに「人数合わせ」で呼ばれたなど思われる方は丁重にお断りしても良いと思います。

しかし「会社の同僚」であった場合、たとえその人との関係が希薄だともしても周囲との関係性もあるので、その点は注意しても欠席の旨を伝えるべきだと思います。

スポンサードリンク

結婚式に参加しないことを伝える

結婚式を欠席する旨を伝える方法ですが、こちらは細心の注意を払わなければなりません。

結婚式に招待する側からすれば、その人をせっかく結婚式に招待するために招待状を送ったのにハガキで欠席の旨を伝えられたら、気持ちの良いものではありません。

その際は欠席の理由を「やむなく欠席せざるおえない」というものとしなければなりません。

具体的人数書く必要もないとは思いますが、相手の人が少しでも納得するような理由を書いておいた方が良いでしょう。

また招待状が送られる前に打診があった場合は、その時に参加出来ない理由をやんわりと伝えておくのも良いでしょう。

断り方はとても難しいのですが、「やむなく欠席せざるおえない」ということと、「事情があり参加出来ないが、あなたの結婚を祝う気持ちがある」ということをなるべく強調すると良いでしょう。

一番やってはいけないのが、参加するつもりがないのに、適当に返事をしたり、参加のハガキを出してから欠席することなので、それだけはしないようにしましょう。

相手も参加人数の把握は早めにしておきたいところですし、準備もありますから相手のことを考えて返答するようにしましょう。

最後に

こうして人間関係を整理していけば、どんなに顔の広い人でも「ご祝儀貧乏」にはならずには済むと思います。

自分にとって何が価値があることなのか見極めることが大切で、

散財しても今の人間関係を保っていきたいのか、多少人間関係人間ヒビが入っても自分の生活を大切にしていきたいのか、自分にとって何が大切なのか見極めることこそが大事であると思います。




関連キーワード
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事