寒かった冬も終わりを迎えようとしています。

春が近づいてまいりましたね。春になれば衣類も冬着から春着に変わり周りから涼し気な印象を受けますよね。しかし、ちょっと待って下さい。春着になって衣類が変われば薄着になって体型がわかるようになってします。

女性で体型が気になる方は多いと思いますが実は男性にも気になってる方は多いのです。

特に男性が気になる体型の部分はお腹です。

お腹がくびれていると素敵だと思うのは女性でも男性でも一緒です。わき腹はスタイリッシュな体を作るために欠かせないパーツなのです。
他人の目にも留まりやすいお腹は体の気になるポイントです。
そこで今回は男性のくびれの作り方を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

くびれをつくるには?

くびれを作るのに効果的なのが筋力トレーニングです。しかし、筋力トレーニングには色々なやり方があり、どんなトレーニングが効果的なのかがすぐにわかる方は少ないでしょう。

腹筋運動が良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが腹筋運動といわれる動きは、へその上の筋肉を鍛えるばかりで、わき腹にはあまり効果がないのです。それに、自己流でひたすらきつい腹筋をやるのは効率的とはいえません。

そこでおすすめな筋力トレーニングを紹介したいと思います。

筋力トレーニング「サイドボディリフト」

サイドボディリフトというコンパクトな動作でわき腹をしっかり刺激するトレーニングがあります。

主にわき腹の力だけを使って、ゆっくりと体を持ち上げることによっってお腹まわりを引き締めるトレーニングです。

そのトレーニング方法を簡単に紹介したいと思います。
まず左足を右ひざの前につき、左手を腰にそえる形で座り、右手で上体を支えます。次に右わき腹に力を入れ、腰をゆっくりと高く持ち上げます。

この上下動作を10回繰り返します。反対も同様に行います。
このトレーニングの気をつける点は、体を持ち上げた時に、全身が一直線になるように意識することです。

これを短期間行うだけでも効果はあると言われています。
また、反動や勢いをつけず、できるだけゆっくりと動作し、動作中はできるだけ床に腰をつけないようにしましょう。

そうするとそのほうが負荷が高まり効果的に働くようになります。

ボディトランクツイスト

ボディトランクツイストというトレーニングもあります。

二の腕も同時に引き締めるトレーニングです。わき腹と同時に、下腹のぽっこり感と太ももについたぜい肉も引き締める事が出来ます。こちらも紹介したいと思います。
まずは手を肩の真下に置き、足を伸ばして、腕立て伏せの姿勢をとります。

次に体を反転させて、左手を天井に伸ばしながら3秒間その体勢を保ちます。目線は伸ばした手の指先を見て、体が一直線になるように意識しましょう。
手を下ろしてに最初の姿勢に戻したら、続いて同様に右手を上げます。間にひざをついて筋肉を休めないよう、頑張って行ってください。

天井に伸ばした手で、下側のわき腹を引き上げるようにイメージしながら行い姿勢を安定します。これを左右交互に、10回を目安に行いましょう。
最初は腕がブルブルと震えるかもしれませんが、頑張って続けていると、いつの間にか動作がスムーズにできるようになっていきます。

肝心なのは腕だけで支えるのではなく、全身を使ってお尻、お腹を天井に引き上げるようなイメージで行っていくと、正しい体勢により筋トレが十分に発揮されると思います。
詳しくはサイドボディリフトやボディトランクツイストで検索してみて下さい。

画像や動画つきでわかりやすく紹介されてるページを見つけることが出来るでしょう。この二つは脇腹のトレーニングに特におすすめです。

スポンサードリンク

お風呂上りに効果がある

これらはわき腹にピンポイントで効果があるトレーニングです。

是非毎日短い時間からでも続けてわき腹を引き締めましょう。
また、お風呂上がりにこれらのトレーニングは効果的と言われています。

食事

もう一つ、筋力トレーニングの後に効果的なのが食事です。

筋トレ後30分以内は食事のゴールデンタイムと言われています。筋トレ直後には、筋肉中のたんぱく質を合成する速度が、安静時の2倍以上になるというデータもあるのです。

そのゴールデンタイムに摂ると良いと言われう商品は主に乳製品、肉、大豆食品といった良質なタンパク質で、取り入れることで、筋トレの効果をアップさせ、筋肉の疲労回復も促進されます。

肉は太ると敬遠される人もいますしかし、動物性たんぱく質も必要。そんな気になる方には、赤身の肉や脂肪分の少ないささみ肉などを選びましょう。しかし、筋トレ直後は食欲がわかない、すぐに食事を摂取できないという方もいます。そんな方にはプロテイン飲料がおすすめです。

最近のプロテイン飲料は味が改善されているので美味しく栄養を摂ることが出来ます。
お腹は、体全体のバランスを取る意味でも重要な部位です。

お腹周りを鍛えることは体のバランスを良くすることに繋がります。是非トレーニングに挑戦してみて下さい。




関連キーワード
日常・生活, 美容の関連記事
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事