冬場の静電気は嫌ですよね。

僕も昔から静電気が強く引き起こす体質です。秋の終わりごろから春先までの間は特に静電気が起きます。というのも僕はものすごい乾燥肌で皮膚に湿気が少なく、それで静電気を引き起こしやすいそうです。
どれくらい静電気が起きやすいかというと、金属に触れようとすると高確率でバチッときます。

真っ暗な部屋で金属のドアノブに触れた途端静電気の火花で光ったことがあります。

それくらい酷いのです。

対象は金属だけではありません。スーパーなどのお店でレジの店員さんにお釣りを受け取るときなどもバチッときます。自分に静電気が流れるのは勿論嫌ですが、空いての店員さんにも申し訳なくなります。

静電気を起こしてすみません、と心の中で謝ります。

今回は、静電気体質改善方法について紹介します!

スポンサードリンク

静電気体質改善方法

併せて読みたい!静電気関連記事

 

静電気が起きる仕組み

何故静電気が起こるのでしょうか?地球上の物質のほとんどは電気を持っています。

人間や空気、衣類も電気を持っているのです。

そして電気にはプラスとマイナスの電気があります。原子はプラスの電気を帯びた原子核の周りをマイナスの電気を帯びた電子が回っているように存在しているのです。

そしてこのプラスとマイナスの二つの電気は両方のバランスを保つことで安定して存在することが出来るのです。

マイナスの電子は原子核から剥がれやすい性質があります。

普段安定しているプラスとマイナスの電気が摩擦などの強い力が加わると周りのマイナス電子が剥がれてプラス電子だけが残った状態になります。この状態を帯電状態といい危険な状態なのです。

このマイナス電子をなくして状態はプラスの電子がマイナス電子を吸収しようとして周りのマイナス電子と結合しようとします。この結合の瞬間を静電気と読んでいるのです。

なので静電気を起こさないためにはいかにしてマイナス電子を保つかが問題になります。

夏場の湿度が高い状態は大気中のマイナス電子が剥がれにくくてプラス電子とマイナス電子が安定しているからです。冬場に静電気が多く、乾燥しているほど静電気が多いのは逆に不安定だからです。

人も空気も物も乾燥や湿度で静電気が起きやすいかどうかが決まっていきます。更に人の体が酸性化していると静電気が起きやすく、弱アルカリ性に近いと静電気が起きにくいです。これが静電気のメカニズムです。
こんな静電気体質を改善したいと何度も思っています。

長年悩んでいる体質なのですぐには改善出来ないかもしれませんが色々と模索しています。まずはバチッとなることを防ぐことから始めました。

静電気対策グッズ

毎年冬が近づくと静電気除去グッズを用意します。

その中でも便利だったのがキーホルダータイプの静電気除去グッズです。静電気を引き起こしやすそうなところにこのアイテムを接触させるとキーホルダー内のLEDが光ります。

これで静電気を消費させてバチッを防ぎます。なのでそのキーホルダーは僕にとって冬場の必需品です。失くさないように身に着けて行動しています。

 

保湿クリーム

最近では体質改善方法を考えたりもします。その方法の一つが保湿クリームを使うことです。

保湿クリームを塗って潤いを保っておくと静電気の予防になります。上記のグッズと合わせると効果があります。自身が乾燥肌なのでクリームで肌が潤い静電気が怒らないので一石二鳥です。
しかし、道具とクリームでは静電気体質の根本的な解決になっていない気がします。

食べ物

そこで、体質改善の一環で気を配っているのは飲み物です。

ミネラルウォーターを飲むことで静電気体質が改善されると聞きました。ですが、一気飲みは駄目です。ちびちびと飲むように心がけて起きましょう。逆にカフェイン成分のあるものは利尿作用で静電気体質になりやすくなるそうです。
飲み物の他にも重要なのが食べ物です。

大豆、昆布などの海藻類、ナッツ類、梅干し、らっきょ、ネギ、ニンニク、チーズ、漬物など弱アルカリ性の身体に保つ食品を食べると静電気体質が改善される上に血液がサラサラになるそうです。

他にも肉より、マグロ、イワシ、アジなどの魚も多めに取ると静電気体質が改善されるそうです。

鍋を食べるのも良いとされています。鍋は栄養バランスが良くマイナスイオンもたっぷりです。
衣類などの素材を意識する事も大事でした。

着合わせに気をつけることで、静電気対策をすることができるといわれています。衣類がこすれることによって摩擦が起き、静電気が発生しますが上と下の2種類の組み合わせによって静電気の発生量の大きさが変わると言われています。

具体的にはプラスに帯電しやすいものから順にナイロン、毛、絹、半合成繊維、レーヨン素材、ポリエステル、アクリルです。

部屋の加湿

自分の部屋限定の静電気の対策方法には部屋を加湿する方法もあります。

乾燥した環境を作らなければ静電気も起こりません。
生活リズムも静電気体質に影響します。生活の乱れや睡眠時間が少ない人は静電気が多いらしいです。ですからぐっすり眠って、疲れを取ると静電気は起きにくいと言われています。
これら静電気対策で自身の体を少しづつ改善していって静電気を防いでいこうとしています。




関連キーワード
日常・生活, 健康の関連記事
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事