沖縄本島からから南へ約400㎞。台湾にほど近い八重山諸島の中心となる島が石垣島です。

沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島で人口は約5万人。

八重山諸島の政治、経済、産業、交通の中心となっている島でもあります。

南国特有の温暖な気候と美しい自然、珊瑚礁に囲まれた透明度の高い海が魅力的な石垣島。

その風光明媚な島の風景の中で開催されるのが、リゾートトライアスロンとしても人気の「石垣島トライアスロン」です。

今回は、石垣島トライアスロンについて紹介します。

スポンサードリンク

石垣島トライアスロン

1987年にファミリートライアスロンとして開催されたのをきっかけに、年々規模が拡大。

一般市民も参加しての石垣島トライアスロン大会と、世界の有力選手が競い合うワールドカップ(Ishigaki ITU Triathlon World Cup)が同じ日に行われたこともある本格的なトライアスロン大会に成長しました。

天候やコースの問題で開催中止となった年もありましたが、県内外を問わず人気の高いトライアスロン大会として定着しつつあります。

2017年の大会は、日本最南端の島で行われる2017年度JTUエイジグループランキング対象大会の初戦ともなっています。

 

「個人・一般」と「個人・八重山郡」「リレー」の3部門で構成された石垣島トライアスロン。スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロをアスリートたちが駆け抜けます。

コース途中に見えるエメラルドグリーンの海やパイナップル畑、さとうきび畑…。石垣島の風光明媚な自然を丸ごと楽しめると参加者にも好評です。

2017年は多少のコース変更もあり、石垣島の景色を更に満喫できるコースになっているようです。

 

石垣島トライアスロンの日程

石垣島トライアスロン大会2017

2017JTUエイジグループランキング対象大会

第3回八重山郡トライアスロン大会

 

2017年4月16日(日)8:00スタート予定

 

前日に石垣市民会館・大ホールにて大会受付と説明会があります。

大会当日夜には交流会開催。

 

石垣島トライアスロンの会場

〈スタート〉石垣市南ぬ浜人工ビーチ

〈ゴール〉八島第二駐車場付近(メイン会場)

 

【参加費】

一般:22,000円 リレー:37,500円

2017年度のエントリーは終了しました。

 

石垣島トライアスロンのアクセス方法

*那覇空港→南ぬ島石垣空港

〈飛行機〉約50分

 

*南ぬ島石垣空港→市街地(730交差点)

〈バス〉約45分 540円 約15分間隔で運行

〈タクシー〉約30分 約2,700円

レンタカー営業所がたくさんあるので、レンタカーを利用するのもオススメです。

 

多くのトライアスロン大会が街の中心部から離れた田舎で開催される中、石垣島はメイン会場が街中にあるため、交通の便で困ることはありません。

無理な移動が少ないことから、参加者にとっては有難い部分も多いとか。

 

また、大会前後は参加者の自転車輸送が集中するため、他の荷物の配送にも時間がかかる可能性があります。

荷物を送りたい方は、十分に余裕をもって発送してください。

大会参加者には主催者側が準備した自転車輸送方法があり、南ぬ島石垣空港⇔宿泊先までの自転車・手荷物配送サービスもあります。

 

【駐車場】

大会専用駐車場はありません。

メイン会場付近には、何ヵ所かコインパーキングがあります。

石垣島のタクシーは初乗り460円でとても安いので、移動にはタクシーを利用しても良いかもしれません。

スポンサードリンク

 

石垣島トライアスロンの見どころスポット

沿道で応援する場合の見どころスポットをご紹介します。

*スタート地点

スタートを前に参加者たちの緊張が最も高まる場所。ウォーミングアップする選手らと共に大会の始まりを待って、声援を送るのも良いでしょう。

スタートの合図とともに青い海へと飛び込んでいく選手たち。スイムを終え、バイクにまたがって勢いよく走っていく姿も臨場感があります。

 

*サザンゲートブリッジふもと

スタート地点近くにある青い橋がサザンゲートブリッジです。

バイクのコースになっているので、風をきり勢いよく坂を下りてくる選手たちが見えてくるでしょう。橋を渡り終えてすぐに右折するため、急カーブをかけます。転んでしまうのではないかという程のスピート感。集団で走っていく様子は迫力満点です。

 

*ゴール地点

長時間にわたり奮闘してきた選手がテープを切る瞬間は感動的です。家族や友達と笑顔でフィニッシュしたり、クールにタイムを確認したり、ゴール風景も様々。アナウンスで紹介される選手のプロフィールやコメントも面白いので、最後の応援にも熱が入ります。

 

豊かな大自然の中で開催される石垣島トライアスロン。参加するアスリートだけでなく、応援する家族や仲間も楽しめる大会となっています。

沿道で見守ってくれる島人の温かい心にも触れられることでしょう。

コメントを残す