マスクはしてますか??

毎年といっていいほど、インフルエンザが流行っています、胃腸炎が流行っていますなどと

テレビで放映されています。

インフルエンザなんて辛い病気できるだけかかりたくないですからね。

予防はしたいところです。

予防するためにもマスク着用が指示されています。
人ごみを避けるのが一番ですが、仕事行くのに、どうしても街や電車に乗らざるを得ないですよね。

そういう人のためにもマスクは必要です。

ただ、マスクは万全かというとそうでもなく菌なんかはマスクの線維を通過するという話も聞いたことがあります。

じゃー意味ないじゃん!

でも、人にうつさないためにマスクを着用するのは意味があるそうです。

くしゃみで菌が飛ばないようにするためです。
マスクはある意味、人にうつさないためのマナーですね。
僕はというと、普段あまりマスクをつけません。

風邪もひかないし、ひかない自信があるからです。

(今だけかな笑)

なのでマスクの正しい付け方を知らないのです。
裏表があるんて・・
あなたは知っていました?マスクには裏表があるんですよ!

裏表逆だと効果がない場合もあるそうです。

それも結構な人が間違ってつけているそうです。

そこで今回は、マスクの裏表の見分け方を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

マスク裏表判別法

  • 外にさらす側のことを表
  • 口に接する側のことを裏

です。

表は

  • 耳にかける紐とマスクが接着している部分が外側にくるほう
  • マスクの折り目(プリーツ)が下向きにくるほう

接着部分が内側につけている人がいます。

僕も勘違いしていました。

普通はそう考えますよね。

でも、マスクは外側からの菌を遮断、内側からの菌を出さないことが目的です。

接着部分を内側にしてしまうと、隙間が生まれてしまいます。

そこから、入ってきたり、出ていったりできる隙間ができてしまうのです。

なので、接着部分は外側につけるのが表なのです。

折り目が重要なんです。

上向きにすると菌などが折り目に溜まってしまうそうです。

マスクの効果が逆効果になってしまいます。

スポンサードリンク

マスクの正しい付け方!ワイヤーはどっち向き?

最近は、ワイヤー付きのマスクがありますね。

「ワイヤーが入っているほうを上」と覚えておきましょう!

マスクを外すときも注意!

せっかく外からの菌を遮断したのに、マスクを外すときにフィルターを触ってしまっては意味がありません。

フィルターには多くの菌がたまっています。

マスクを外すときには、フィルターを外さないのがよいでしょう!

マスクを外したら、手をしっかり洗いましょう!

マスクの付け方間違っている人7割

マスクって結構売れています。

1年間に23億枚以上売れているんです。

なのに、10人に7人は付け方間違っているそうです。

正しい付け方をしないと、効果はありません。
ただ、マスクをしているだけになってしまいます。

目的は、菌やウイルスを遮断するためですからね。

正しい付け方をしましょう!
最近は、マスクの性能も上がってきており、外からの菌遮断が効果的なつくりになってきています。

裏表もわかりやすくなっているマスクも増えてきました。
例えばこれ

↓↓

なんで黒かというと、これ竹炭でできているんです。

竹炭の効果により、ウイルス、花粉を99%カットしてくれるそうです。

通気性もよく鼻の形にぴったりフィットするので苦しくないです。

僕の奥さんはこれを着用しています。

黒で抵抗あったそうですけど、それよりもウイルスをシャットアウトしてくれることに期待してつけています。

娘は抵抗して、普通のマスクをつけています(笑)

これは、形的にも裏表間違えないですね!

試してみては?

 

 

コメントを残す