最近日本では、ブラジャーを着ける男性が密かに増え、彼らは「ブラ男」や「ブラリーマン」などと呼ばれていますが、実は、大企業で働くエリートサラリーマンが多数を占めるそうです。

一般人から見ると、ブラジャーを着ける彼らは変態ですが、実はブラジャーを着けることによりテンションがアップし、緊張感が生まれ、デキる男に変身できるそうです。

男性がブラジャーを着ける意味や、メンズ向けブラジャー選びのポイントをご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

男性がブラジャーをつける意味

男性がブラジャーを着けていると聞くと、ただ単に変態というイメージがありますが、実は、様々なメリットがあります。

まず、ブラジャーを着けることにより、適度な締めつけ感と緊張感が生まれ、背筋が伸びて姿勢が良くなります。そして、ブラジャーを着けている男性は、ブラジャーが透けないように、夏でも大抵、スーツの上着やベストを着用しています。

これにより「いつも身なりが正しく、姿勢が良い人」と職場で見なされ、ブラジャーを着けている男性は、周囲から高く評価される傾向があるとのことです。

また、ブラジャーを着けることにより姿勢が正され、気が引き締まり、女性にはない、男性独特の「ダラリ」とした態度が減り、これにより、仕事の効率も良くなるそうです。

この様に男性にとってのブラジャーは、ただ単に変態だから着けるのではなく、出世に役立つアイテムという意味もあるのです。

これら以外にも、性同一性障害の男性がブラジャーを着ける場合や、肥満の男性が、シャツに乳首が擦れることを嫌い、ブラジャーを着ける場合もあります。

ブラジャーをつけたい心理とは?

ブラジャーを着けたい男性の心理は様々です。

出世を目論む男性が着ける場合もありますが、女装趣味があり、女性用のブラジャーを着けることにより、性的興奮を感じたいという心理の男性も存在します。

また、ブラジャーを着けることで、女性にしか感じられない母性を仮想体験し、それにより癒やされたいとの心理がある男性も存在し、これらの男性は主に、ブラジャーを着けることにより、他人に優しくなったり、精神の安定性が増す傾向があるとのことです。

最近では、通常のブラジャーではなく、ヌーブラ(肩紐やアンダーベルトがない、貼って使うブラジャー)を着ける男性も増えているそうですが、これらの男性は、外す時の刺激が心地良いという、性的興奮を達成するためだそうです。

スポンサードリンク

男性におすすめのブラジャー選びのポイントとは?

女性用のブラジャーには、ホックが後ろに付いているブラジャーや、前に付いているブラジャーがありますが、男性用のブラジャーにも、それらは存在します。

ホックが前にあるブラジャーは、付け外しが簡単なため、初めて男性用のブラジャーを選ぶ際には、ホックが前に付いているブラジャーがお薦めです。

デザインは、フリルが付いているブラジャーや、レッドやピンクなど、セクシーなカラーのブラジャーが販売されていますが、ベージュなど、肌に近い色のブラジャーを選べば、シャツ越しにブラジャーが透けて見えるリスクを減らすことができます。

逆に、レッドやピンクなどのブラジャーは、目立つリスクがありますが、ブラジャー愛好家の男性によれば、着けると気分が高揚するため、ここ一番の「勝負ブラジャー」として人気だそうです。

素材は、レース状の生地で作られているブラジャーは風通しが良く、暑い夏もムレにくいという特徴があります。レース生地で作られたブラジャーであれば、汗ばむ夏も、あせもを防ぐことができます。

価格は、安いブラジャーであれば2,000円程度、高いブラジャーは10,000円など、様々なブラジャーが販売されていますが、まずは安いブラジャーを購入し、飽きないようであれば、徐々に高価なブラジャーを購入することがお薦めです。

ちなみにブラジャーによっては、お揃いのショーツが用意されている商品も存在し、それらの商品は、ブラジャー愛好家の男性に特に人気だそうです。

男性のブラサイズ選びのポイント!

男性が初めてブラジャーを購入する際には、しっかりとした、メンズ向けのブラジャーがお薦めです。

メンズ向けブラジャーが存在しなかった一昔前は、男性も女性用のブラジャーを着けていましたが、サイズが小さく、着用が困難でした。

また、男性向けのブラジャーは、ワイヤーが長いなど、男性の体型に合った作りとなっています。

ワイヤーの長さは、フィット感に影響を与えます。

販売されている男性向けのブラジャーを見ると「A80」などと記載されていますが、それは「Aカップ アンダーバスト80cm」の略です。

アンダーバストとは、胸部で一番膨らみがない部分(乳首の下辺り)を指し、トップバストとは、胸部の一番膨らんでいる箇所を指します。

トップバストからアンダーバストを引いたサイズがカップサイズとなり、「Aカップ」はその差10cm以内、「Bカップ」はその差12.5cm以内、「Cカップ」はその差15cm以内となっています。

男性向けのブラジャーは、主にAカップの商品が多数を占めますが、膨らみがないブラジャーほど、違和感がなく着けやすいという特徴があります。

男性用のブラジャーの中には、女性向けのブラジャーと同じく、内側にポケットがあり、パッドが収納できる商品も販売されています。

この手のブラジャーは、女装趣味により、ブラジャーを着けてみたい男性にお薦めです。

デキる男がブラジャーを着ける日は近い!?

男性がブラジャーを着ける意味や、選び方のポイントをご紹介させて頂きました。

現在、ブラジャーを着ける男性に対して、変態というイメージがありますが、いつの日か「デキる男はブラジャーを着ける!」など、雑誌で話題になる時が来るかもしれません。

コメントを残す