妊娠が分かり幸せな気分でいっぱいな反面、マタニティ服や今後の家計の変化など、分からないことを抱え不安な気持ちになることはありませんか?

特に、女性にとって洋服は一大関心事だと思います。

今回は自身の体験談から妊娠中の女性の強い味方、マタニティ服についてお話しします。

スポンサードリンク

マタニティの服はいつから着る?

5か月目が目安

2人の子持ちの筆者は、2回とも5か月目から妊娠前に履いていたズボンのボタンが閉まらなくなりました。

個人差はあると思いますが、他人から見ればお腹がそこまで目立たない時期ですが、本人からすれば「大きくなってきたな~」という実感が得られる時期になると思います。

この時期にもったいないと思わず、マタニティのズボンかスカートを購入することをお勧めします。
マタニティのズボンやスカートはお腹がすっぽり隠れるタイプになっていて、お腹が大きくなっても型崩れなく着られること・お腹が温かいことが普通の洋服と違うメリットです。
筆者は一人目の妊娠時、節約のためマタニティ服は買わず、ワンピースやマキシスカートでやり過ごす計画を立てました。

しかし臨月に近づくにつれてお腹がどんどん大きくなると、変に前側だけ丈が短くなり不格好になってしまいました。

また、お腹が大きいので、ウエスト部分を腰骨まで下げて履くことになってしまい、お腹が冷えやすくなりました。しかも季節は冬。

その頃は札幌に住んでいたためお腹がとても寒く、マタニティ服を早めに買わなかったことを後悔しました。

結局、妊娠9か月の時にホッカイロでは我慢できなくなり、購入しました。

旦那様のズボンを借りる手もありますが、やはり男性物は足の部分が広くてきれいに見えませんし、働く女性はまだ会社で活躍されている時期だと思いますので、妊娠5か月くらいを目安に準備しましょう。

 

マタニティの服はどこで買う?

マタニティの服はどこで買うのがいい?ポイントを整理しておススメを紹介!

ネット通販を活用
筆者はインターネットを大活用しました。マタニティ服・通販で検索すると複数のサイトが出てきます。

おすすめ通販サイト⇒【CHOCOA(チョコア)】

服の種類もレビューも豊富にあるので、時間があるときはかわいい服がないか常にチェックしていました。

オフィス用からパーティ用まで様々なマタニティ服がありますので、選ぶのもとても楽しかったです。

特に、ベルメゾンは自分のイメージと違った場合、返品・交換サービスもありますので気楽にショッピングが楽しめます。

筆者は妊娠8か月と産後2か月の時に友人の結婚式が予定に入っていたので、胸元にチャックのついた授乳服対応のマタニティワンピースを通販で購入しました。

とても使いやすく授乳・マタニティに見えないデザインなので、お宮参りやちょっとしたお出かけの時もよく着る洋服になりました。

通販以外ではデパートやベビザラスにもマタニティ・授乳服は売っていますので、実際に手に取って選びたい方は足を運んでみましょう。

また、たまごクラブなどの雑誌でも、たくさんマタニティ服が掲載されています。筆者のイメージ的に、普段着はベビザラス、オフィスカジュアルやきれいめな普段着は雑誌やネット通販、

フォーマルはネット通販やデパートが強い、といった感じです。

スポンサードリンク

どんなものを買えばいい?

マタニティ服で一番使ったのはデニムパンツとスカートでした。悲しいことに、筆者は妊娠中は全く胸が大きくならない体質らしく、普通に妊娠前から着ていたニットのセーター等でトップスは事足りました。

ただ、大半の妊婦さんは胸が大きくなりますし、夏や秋口が出産予定日だとTシャツなどはパツンパツンになりますので、やはり体に合ったマタニティ服を用意することをお勧めします。
ちなみに、春の初めの出産予定だったので、冬のコートはひざ丈のAラインのコートを購入しました。

これだとお腹が大きくなっても広がってくれて楽に着られるし、出産後は普通のデザインのコートとして着られたので、買って良かった服の一つです。
産後すぐは、体形は妊娠前のズボンやスカートが履けるほどには戻りません。

産後2~4か月くらいはお腹を無理に締め付けないマタニティ服を着て過ごされる方が多いようです。マタニティのデニムやスカートは、産後もとても重宝しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事で、マタニティ服についての不安を少しでも解消できたら嬉しいです。
まとめると、筆者が伝えたいのはこんなことです。
・マタニティ服はお腹が膨らみ始める5か月を目安に準備しましょう。
・ネット通販を活用しましょう。
・数か月だからといって出し惜しみしないようにしましょう。

マタニティ服を妊婦として使うのは実際4~5か月程度の短い時間です。

しかし短いから他で代用しようとしても、季節や体形・体調の変化が大きく関係してなかなかうまくいきません。

マタニティ服以外のものを無理に着て、体が締め付けられることで、むくみが出たり具合が悪くなりやすいのが妊婦さんです。

赤ちゃんのため、快適なマタニティライフのためにも、ぜひ自分に合ったマタニティ服を活用しましょう。




関連キーワード
日常・生活, 妊婦の関連記事
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事