女性なら誰でも一度は経験したことのファッションに関しての悩みこと、インナーの透け。
せっかく可愛い服を見つけたり、購入しても透けが気になると購入できなかったり、タンスに眠ったままになること良くありますよね。

特にビジネスシーンに役立つスカートは女性らしさを強調するシルエットや生地使いが多い事もあって、より透け感に慎重になるものです。
ではどうすればインナーの透け防止をできるのかというと、意外に簡単な方法で改善できるのです。

スポンサードリンク

スカートのインナー透け防止策

まずはガードル、ポイントは自分の肌の色味に近いベージュを選ぶ事。

ガードルというと高額な補正下着という印象がありますが、最近ではユニクロ等のファストファッション等でもリーズナブルな価格で取り扱っているので手にし易いです。ただ問題はガードルを履いても淡い色やスカートの形によってはガードル自体が透けたり、ラインが出てしまったするのがある事が少々難点です。
その場合次の解決策は肌色のショーツです。

肌色のショーツは年齢層の高い、いわゆるおばさんパンツというイメージですがファッションが好きな女子には必須なアイテムです。ショーツの場合もより体にフィットしした形を選び、抵抗がない方はTバックを履けば透け感もラインへの不安感も軽減されることでしょう。

王道ペチコートは?

透け防止の王道アイテムと言えばペチコート、昔からの定番で今でも人気があります。ペチコートは確かにインナーの透け防止に役立ちますが、選ぶ際に丈に注意が必要です。

持っているスカートよりも短いものを選ぶことはもちろん、短いと思っていても座る際にスカートが上がってしまい見えてしまうなんて事があります。せっかくインナーの透けを防止したつもりでも、ペチコートがチラチラと見えてしまってはオシャレも台無しです。丈選びさえ慎重になれば現在のペチコートは種類や素材も様々なので自分のファッションに合ったものを選ぶ事ができそうです。

スポンサードリンク

透け防止に裏地がついてるけど、それ自体が透ける場合は?

クオリティが売りのスカートなどには透け防止にインナーが付いている場合があります。小さなことですが購入する際の決め手にもなりますし、マストという方も多いのではないでしょうか。ところがいざ購入して履いてみたらその裏地自体が透けてしまっているなんていう経験も珍しくないと思います。試着時は良かったのに太陽の光に当たると透けてしまうなんていう事もあります。その場合はどうしたらよいのでしょう。
もちろんスカートの防止策と同様、ガードルでも対処できますがもともと裏地がついている分重ね着になり、ごわごわしたり夏場は特に暑くてたまらないと思います。

そんな時は思い切って裏地自体をさらに透けない色や素材に取り替えてしまうことが最善策と言えます。裁縫が得意な方は自分で新しい布に縫い変えることも可能かと思いますが、かなり高度な技術が必要ですし、失敗したらせっかく購入したスカートにまでダメージが及び履けなくなることもありえます。そこで役立つのが街中にあるお洋服のお直し工房。

ひと昔前は姿を消したこのようなお店も最近はリメイクブーム等もありまた見かけるようになり、裏地の取り替えもしてくれます。料金は発生してしまいますがせっかく購入したお気に入りの服、長く着こなす為にもこのようなお店でプロの方に直してもらうのが一番の安全策です。

一番簡単にインナーでの透け防止

透け防止策も色々ありますが、かえって多すぎて悩んだり面倒臭いのが嫌いという方には、透けないインナーを着用することが一番です。
ショーツの場合はスカートでも紹介したように肌色Tバックのシームレスタイプですし、例えば優秀アイテム白のブラウスを着る場合にはベージュのブラジャーをつけることはもちろん、さらに気になる方はベージュのキャミソールをインナーに選ぶ事で解消されます。最近は季節に合わせてより着心地のよいインナーもたくさん出ていますし、インターネット通販でも数多く取り扱われているので簡単に探すことができるとか思います。
また男性の方にはワイシャツの透け防止に使える肌着等があるので、エチケットとして一枚着るだけで女性社員からの評判もあがりそうです。
一手間かけることで透けに対するストレスがなくなれば、オシャレをもっと楽しむことができそうです。

コメントを残す