将棋ブームが起きているのを知っている人も多いのではないでしょうか。将棋はルールが難しいと思われますが、実は覚えると簡単です。最近の将棋ファンには実は新しい楽しみ方があるのを知っていますか。

それは観る将といって将棋のルールを知らない人が将棋を目で見て楽しむ方法です。観るだけで何が楽しいの?と思う人もたくさんいますが、観るだけで楽しむポイントがあります。

では、観る将の楽しみ方などを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

観る将とは?

観る将とは自分では将棋を指さないけれど、テレビやネットの将棋中継を観て楽しむファンの事です。そういう人は将棋のルールを知らないので、「将棋の内容を知らないのに見て楽しいのか」と思うかもしれませんが、実は将棋の中継には対局の勝敗以外にも様々な見所があるので、他の楽しみ方を見つけている人が多いです。

将棋を観るだけで楽しんでいる人はルールを知らない人がほとんどで、将棋の内容ではなくて違う部分を楽しんでいます。楽しみ方は人それぞれなので一概にはいえないのですが、将棋のルールや内容以外のところを楽しんでいます。

ブームになった理由とは?

ブームになったのはやはり、アイドル的存在ができたからではないでしょうか。どんなスポーツでも業界でもアイドル的存在が必要ですよね。そのアイドル的な存在のおかげで知名度やイメージもかなり変わってきます。

最近では女性のアイドルだけではなく、男性でもイケメン棋士の人が増えて女性ファン層獲得にひと役かっています。やはり、見た目から入る人も多いので、イケメンや可愛い棋士が増えると自然と人気が上がっていき、ブームになっていく傾向にあるようです。やはり、どんな人でも可愛い子やイケメンがいると盛り上がるということはあると思います。

スポンサードリンク

何が楽しい?魅力とは?

では、ルールを知らない観る将がどこが楽しいのかというと、代表的なのは棋士たちが対局の間に食べるおやつや食事です。棋士たちば何を食べたのか、というのは観る将にってはすごく気になるポイントのようで、ニコニコ生放送では棋士や解説者の昼食を予想する「昼食アンケート」が恒例になっています。また、将棋は運という要素を限りなく排除したゲームなのです。将棋は完全に実力で勝負するので、運で勝てるということはまずありません。勝つのはその人に実力が備わっているからです。

プロの対局はまさに頭脳と頭脳との戦いで、そんな戦いだからこそ、観る側をとても熱くさせるのかもしれません。もちろん将棋のルールを知っていてそれで観るのが楽しいという人もいるかもしれませんが、将棋のルールを知らなくても違う角度で見ればとても楽しいと思うのが将棋の魅力です。将棋のルールを覚えるのは無理でも見るだけでも楽しいなら、たくさんの人が観て楽しいと思うのでしょう。また。最近は棋士には個性的な人もたくさんいるので、その人の表情などを観て楽しむ人もたくさん増えています。

将棋をやっている人も人なので、個性的な人がたくさんいますね。観る将棋は試合自体ではなくて、その人物に注目して楽しんでいるという傾向があるので、試合自体よりも将棋を行っているその人物に注目しているのでしょう。

これからも増えていく?

観る将がこれからも増えていくかというと、これだけブームになれば将棋のプロを目指す人口はどんどん増えていきますよね。そうなればどんどんたくさんの個性的なプロ将棋士が増えます。そうすれば観ている側ももっと楽しみが増えるでしょう。例えばすごく可愛い女性棋士がいれば顔のファンが増え、イケメン棋士がいれば女性ファンが増えるでしょう。

人口が増えればそれだけ注目度も高くなるので、これからどんどん観る将は増えていく可能性があります。また、今後もまた新しい見る将の楽しみ方も増えていくことでしょう。今まであまり将棋に注目が集まったことはないのですが、今は将棋にすごく注目が集まっており、将棋の習い事をする人も増えていると言われていますね。

まとめ

このように、最近新しくブームになった観る将を紹介しました。知らなかった人は新しい楽しみ方に驚いた人もいるのではないでしょうか。将棋はこれからどんどんたくさんの人が興味を出すので、プロ将棋の人口も増えていくでしょう。そうなればもっと個性的な人が増えるのでファンも増えていくでしょう。将棋を楽しむにはルールなどをしっかりと知っておかなければいけないと思っている人も多いのですが、他にも楽しみ方があるので、将棋に興味がある人は違う楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょか。

また、今まで将棋に興味がなかった人も観る将になれば将棋を楽しいと思える可能性がありますよ。また、ルールを知りたければ自分で覚える事も出来ますね。将棋は難しいと思われていますが、覚えれば特別難しいルールではありませんよ。今まで観る将を知らない人も将棋を知るにはとても良い機会なので是非、観る将という言葉を覚えてくださいね。

コメントを残す