表情が硬い男性は、異性だけでなく人を寄せ付けない雰囲気が出てしまうため、人間関係だけでなく、仕事上でも損をすることが多くなりがちです。

表情が硬い原因は、大きく分けて3つあると考えられます。

それぞれに隠された心理的な原因と改善方法を紹介します。

スポンサードリンク

表情が硬い男性の3つの原因と改善方法

異性とのコミュニケーションが慣れていない

まず一つ目の心理的な原因は、異性に対して慣れていないことが考えられます。

同性とは感情豊かに話をしたりコミュニケーションをとることができているにも関わらず、異性と話すときに限って表情や態度が固くなってしまう場合には、慣れていないことによって緊張していることが原因と考えられます。改善方法は、異性と話す経験を積むことが一番でしょう。

何度も経験を重ねることで緊張が和らぎ、話をすることに抵抗を感じなくなります。しだいにスムーズに会話ができるようになれば、自然と表情が豊かになるのもです。最初から異性と二人で話すことが難しいようならば、グループ交際から始めてもいいでしょう。

そのときにはコミュニケーション能力が高い友人に間に入ってもらい、会話の潤滑油になってもらえるようにお願いしてみましょう。自信をつけることで、表情はどんどん豊かになるものです。

感情が表に出ない

 

二つ目の原因は、感情が表に出ないため、表情が硬い印象を与える人です。感情を表情に出せない人は、自分の感情を表に出すことで人にどう思われるかを気にする心理が働いていると考えられます。

楽しいと思って笑っても、人によっては笑いどころではないことも考えられます。しかし、感情を表に出さない人は、何を考えているのかが相手にわからないため、深い付き合いがしにくくなってしまいがちです。

感情は、人にどう思われるかによって表現するものではなく、自分がどう思うかで表現していい物です。相手に気を使いすぎずに、表現するように気持ちを切り替えることが改善方法でしょう。

スポンサードリンク

男を意識過ぎている

三つ目は、「男」であることを意識しすぎていることがあげられます。40代以降の中年層に多い傾向がありますが、男とあるべきものはどんと構えているべきだと思っているところがあり、あえて表情を硬くしている人がいます。

現代は、男も女も関係なく個性を尊重する世の中になりつつあります。表情が硬い人は、一般的に口数も少ない傾向があります。口数も少なくて、表情が硬い人はどうしても存在感が薄くなりがちです。まずは「男たるべきもの」や「感情を外に出すことでどう思われるか」を意識せずに、あるがままの自分を表に出せるようにしましょう。
感情を表に出せるようになるための改善方法は、自分一人でも簡単にできます。例えば、自宅でDVDをみながら涙を流す習慣をつけてみてもいいでしょう。表情が硬い人は、「泣く」という行為を恥ずかしいことと思い込んでいることがあります。

泣くという行為は、感情を思い切り表に出している状態です。それを日常的に行うことで、感情を外に出汁、表情を和らげる訓練をするのです。それでも人前で「泣く」ことは大人であれば恥ずかしさを感じます。自宅で一人の時でも、映画を見て素直に感情を出す練習を重ねてみましょう。何度も涙を流したり、腹を抱えて笑ったりすることで、自分の中で感情を外に出すことに慣れ始めてくるはずです。自分が慣れてしまえば、意外と人までも抵抗なく感情を外に出すことができるはずです。
「表情が硬い」男性の心理は、自分をかっこよく思われたいという心理が隠れていることがあります。泣くことは感情をあらわにすることであるため、人によってはカッコ悪いように思うかもしれません。

しかし、人と人とが付き合うとき、感情が感じられない人とは付き合いにくい物ではないでしょうか。人と話をするとき、顔色を見て表情を読み取りながら話を進めていきます。

自分の表情が人にどう思われるのかは気になることではありますが、例え嫌な印象を与えてしまったとしても、それは自分にとって嫌なことがあったから表情に不快な印象があらわれたのです。

どんな人にも嫌いなことと好きなことがあります。相手を傷つけたり迷惑をかけることでないならば、素直に自分の感情を表現することで、本当に気の合った友人や恋人と出会うことができるのではないでしょうか。
よくしゃべる男性は「軽い」と思われたりすることもあるかもしれません。

最後に

しかし、人は言葉にして伝えなければ伝わらないことがとても多いのです。そして、言葉だけでなく表情も一緒に表現することで、さらに気持ちは伝わりやすくなります。表情が硬い男性は、表情だけの表面的な改善だけでなく気持ちの持ちようや考え方を豊かに開放することが一番の改善方法です。

緊張は表情を硬くしてしまいます。失敗は恐ろしいことですが、もしも失敗してしまったら、そのときには失敗談を笑い話に変えればいいのです。笑い話にかえるだけで表情は柔らかくなります。

失敗を恐れず、人にどう思われるかを気にしせずに会話を楽しんでみましょう。




関連キーワード
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事