普段恋人と腕を組んで歩いていますか、それとも手をつないでいますか。

まだ付き合ったことがなかった僕は、女性に腕を組まれただけでドキドキしてしまい勘違いしてしまっていました。

もしかして・・・

手をつなぐことは恋人に近いものですが、腕を組むのはどんな関係がやることなのでしょうか?

腕を組んで歩く場合、カップルはどのような心理なのかについて説明していきます。

スポンサードリンク

異性で腕を組んで歩くのはどんな関係?

腕を組んで歩くというのは、手をつなぐ時と比べ、体が密着します。

つまり、より近い関係にないと、腕を組まないでしょう。

また若いカップルが腕を組む場合は、その二人の関係が熱いということを示しますが、熟年の夫婦やカップルが腕を組む場合は、信頼関係の上に成り立つ愛の形が二人に存在することを意味していると言えるでしょう。

つまり、年代やカップルの年数によって、腕を組むと言う行為の意味が変わってくると言えます。

デートで女性から腕を組む男性心理とは?

デート中、女性から腕を組まれた場合、男性としては嬉しいものです。

その嬉しさは、頼られたいという男性が本来持つ欲求を満たしてくれるからです。女性が自分のことを信頼してくれている、女性に対し安心感を与えているということを感じられます。

ただ、まだあまり近い関係に無いのにもかかわらず、女性から腕を組まれた場合、他の男性にもそのようなことをしているのではないかと不安になる場合があるので、女性側も注意が必要です。

デートで腕を組んで歩く女性心理とは?

デート中、腕を組む女性の行為は、支配されたい欲求の表れといえるでしょう。

依存したい、頼りたいという気持ちを持つ相手に対して、知らず知らずのうちに、腕を組んでしまうものです。

ただ、女性の中には、腕を組むことで男性をドキドキさせる事ができると考えている女性もいるでしょうから、男性も腕を組まれたからと言って、安心はできません。

付き合ってない時に腕を組んで歩くのはどんな心理の時?

カップルのどちらかが、もしくは両方がお互いとより親密な関係になりたい時に腕を組んで歩く傾向があります。

また、お互いの気持ちを探ることができます。手をつなぐよりもハードルの高い、腕を組むと言う行為に挑戦してみることで、相手が拒否をしているような感じを出さないかどうか調べることができます。

そうすることで、今現在のそのカップルの関係性、親密度を測るということにもつながります。

スポンサードリンク

腕の組み方

先述の通り、突然腕を組むというのも、相手をドキドキさせる上ではいいかもしれませんが、より自然な方法は無いのでしょうか。

一般的には、男性が手をポケットに入れたり、何かを持って手がふさがった時に、女性が腕を組むのがいいでしょう。

また、歩いている途中だったら、信号待ちなどで止まっているときに、そっと肘の辺りを組むのがいいでしょう。こうすることで、相手に嫌な印象を与えず、お互いを良い心理状態に持っていくことができます。

逆に、男性がいつも冷静すぎて、つまらないと感じている方は、突然腕を組むのがいいでしょう。

例えば、二人で歩いていて、良さそうなカフェを見つけたり、感じの良いショップを見つけたときなどです。その時に、抱きつくように少し強めに腕を組むことで、お互いの雰囲気が良くなる可能性があります。

ただ、本当に触れられたくない男性もいますので、そこはお互いのことを良く理解してから、実行するべきです。

まとめ

腕を組んで歩くカップルの心理は、自分たちが今かなり近い関係にあると言うことを認識している場合か、これから近い関係になりたいとどちらか、もしくは両方が考えている場合です。

急に腕を組んだり、組まれたりした場合、そのような心理状態になっているということを認識し、二人がよりよい関係、雰囲気になれるようにどのようにすればいいか考えてみるといいでしょう。

コメントを残す