妊娠すると今まできているものと違い、マタニティ専用の服をきるようになります。

いつごろから着用すればいいのか?と考える人も多いと思います。

マタニティの服はいつから着てる?選ぶコツを紹介!

 

だいたいは、おなかが大きくなってからというか目立ち始めてからが多いと思います。

一般的に派だいたい妊娠4ヶ月から5か月目くらいからきるのが適してると思います。

普段の服でもゆったりしているのだったらマタニティ服は一時的なものだから必要ないしお金もかかるからもったいないと思うこともあると思います。

しかし、妊娠中はおなかの中の赤ちゃんを流産や冷えたりしないよう守る意味でもあるのです。だから妊娠中はマタニティ服を着るよう心がけるようにしてほしいです。
長い目で考えたら、次の子供を妊娠したときにまたきることができます。

あと必要なくなったら捨てるのはもったいないです。

知人や親戚や近所の人で仲良くしている人などで、妊娠してるのを知ったらあげることもできますし、妊婦さんの服など専門に扱っていることところやリサイクルショップなどに売りに行くこともできます。
あと子供が少し大きくなって幼稚園や保育園に入ると、バザーがあります。そういったときにだすのもいいかもしれないです。

だからそれなりに費用はかかりますが、あとあとのことを考えると無駄にはならないと思います。

今回は、マタニティの服をどこで買うのか紹介します!

スポンサードリンク

マタニティの服はどこで買う?

リアル店舗で買う

どこで買う?ということになりますよね。わからないという妊婦さんがいられると思います。

商業施設やスーパーの衣料品売り場でうっています。

けれど品数は少ないので、自分の希望通りのものが必ずあるとは限りません。
あとは産婦人科に検診にいくと、そういったチラシや待合室に妊婦さんむけの雑誌がおいてあったりします。

そういうのをみて、そこから情報を得るのも1つの方法だと思います。

それと病院の看護婦さんにきけば、病院の近場で売っているところをしっている可能性があります。

服以外にも育児jに必要なものもおいてあるケースが多いです。

実際自分でみにいき、サイズや色・デザインなど好みがあると思います。

インターネットを活用

あと値段も重要です。それでもイマイチ気乗りしないまたは自分向きではないと思ったら、カタログやインターネット通販を利用するといいでしょう。

大きいところでは楽天市場やアマゾンなどがあります。

こういったECサイトを利用する場合、口コミやレビューを参考にして買うことをおすすめします。

実際手にとってみてかうわけではありません。

いざ頼んでみたもののネットでみたのとは違うということがある場合がまれにあったります。

返品することもできますが、返品するさい、少し料金とられる可能性もあります。

そういったことがないためにも、これは通販でかう全般にいえることですが、レビューや口コミは重要だと考えます。

通販でも販売されている

その他、会員登録が必要となってきますが妊婦さん専用のものを取り扱っている通販ショップがあります。

おすすめの通販サイト⇒【CHOCOA(チョコア)】

そういうところなら、数もたくさんあるしいろんなジャンルの服があると思うので見つかるのではないかと思います。

服だけでなく育児用品やこれからうまれてくる赤ちゃんの服などもそろっているところもあります。1つのところでほぼそろえることができるのは便利だと思います。

ものによって、いろんなところにでかけて買いにいくのも時間もかかりますし妊婦さんにとっては体力的にも大変だと考えます。

特におなかが大きくなるにつれてそう思います。そんな状態でたくさんかって歩き回り重い荷物手で持って歩いて家まで帰るのはできなくはないですがきついと思います。

そう考えると通販などで買うことができると楽だと思いますし、時間を有意義に使えるようにも考えられます。ただ通販で気をつけてもらいたいのは、通常価格に送料がかかること。

その他在庫がたまたま売り切れていて、在庫まちになることもありえます。

そして住んでいる地域にもよりますが、届くまで少しの間日数がかかってしまうということです。

なのである程度手元に届くまで時間がかかっても大丈夫だと思うなら利用してもいいのですが、すぐに欲しい場合は近くに買いに行った方がいいと思います。

ショップによっては、先に代金を振り込んでから配送するというところもあります。なので通販で買う場合は、注文から受け取りまでの確認を把握する必要があります。

それと振り込み方法もさまざまあるので、そういったところも気をつけてから申し込んだほうがいいと考えます。

あとになってから後悔してからでは、遅いからです。

おすすめの通販サイト

⇩⇩ ⇩⇩

【CHOCOA(チョコア)】産後まで着れるお洒落&大人可愛いマタニティ服・授乳服販売

 

スポンサードリンク

最後に

おしゃれ好きな女性は、妊婦さんになっても自分のすきなデザインや色の服でおしゃれを楽しみたいと思います。

室内用と外出用とわけてあると便利かもしれないです。

でも一番は赤ちゃんのことを考えて行動しましょう。特におなかをひやすのはよくないとのことです。

時期関係なく普段から冷やさないように気をつけるようにしましょう。

妊娠してから出産するまでの期間は限られてます。このときならではのマタニティライフそしてマタニティファッションをうまれてくる赤ちゃんと一緒に楽しんでほしいと思います。

 




関連キーワード
日常・生活, 妊婦の関連記事
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事