「あの2人お似合いだね!」というセリフは誰しも会話でも登場した事があると思います。
お似合いにも色々あると思いますが、これから私が思うお似合いカップルの特徴とはどういったカップルなのかについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

お似合いのカップルの特徴

1.ポジティブなお似合いカップル

大きく分けて2つあると思います。まず1つ目は、ポジティブな意味のお似合いの「いい」カップルです。
例えば、2人とも性格がいい・人当たりがいい・面白い・誰からも好かれている・空気感が似ている・容姿が整っている、などが挙げられると考えます。

もしくは、競技者であれば同じ競技をしていてお互い共感し支え合えるように、特殊な職業において共感し合えるパートナーは苦労や喜びを共感し合えるので周囲からお似合いのカップルに見えるのではないでしょうか。
反対に、内面や職業が正反対、もしくは違っていてもお似合いカップルに見えるカップルがいます。
自分と同じ環境に共感してくれる安心感・信頼感とは違い、お互いに違いがある事で相手から学び、尊重・尊敬でき結果的に「お似合い」になるのです。

実際私も彼とは似ている所もありますが、違う所の方が多いです。

彼はどちらかといえばアウトドアで友人と飲みに行ったり出掛けたりするのがしょっちゅうなのに対して、私はインドアで読者や料理などが休日の中心です。出かけても1人でふらりと雑貨を見たり本屋さんに寄ったりします。彼と付き合う様になってから、私はよく友人に明るくなったねと言われるようになりました。自分自身、知らず知らずのうちに彼の趣向や考え方を知ろうとして変わっていったのかもしれません。
彼と喧嘩になった時は読書から得た言葉を使って話し合いに臨むと、「そういう考えもできるんだ…。よく考えないで怒ってごめん。」みたいな感じで私が勝利することが多いのですが、そのおかげか彼は出会った時より言葉を選び、穏やかに話すようになりました。初めはほぼ正反対だった2人でしたが、時間を重ねるにつれて似てきているように感じます。結果的に似た者どうしになってしまいました。
先に書いたように、共通点が多い場合がお似合いなのかと思いますがそれは客観的意見での「お似合いカップル」であって、違いがあっても「お似合いカップル」と呼ばれるのはその2人をよく知らないと見えてこない面なのかもしれないですね。

スポンサードリンク

2.ネガティブなお似合いカップル

さて、2つ目ですが、ポジティブの反対、ネガティブな意味でのお似合いです…
いい意味で共通点であればみんなが羨むカップルですが、こんなカップルにはなりたくないな…というのとあります。例えば、2人とも知り合いの悪口ばかり言う・金遣いが荒い・貞操観念がない・遊んでばかり…などが挙げられます。こういうカップルは影で「お似合いカップルだね」と皮肉として言われます。

お互い自分たちの悪い所に気づいていないので、問題が多々起こりがちで、別れたり勢いで結婚してもすぐに離婚したりするカップルが周囲にもいました。
ですが、ポジティブな「お似合いカップル」でも別れてしまう場合もあります。私の周りにはあまり聞きませんが、浮気はどんなにお似合いでも別れの原因になってしまうのではないのでしょうか。

相手がいる人しか好きになれない!という人もいます。そういう人に横入りされてしまって関係を崩されてしまった…なんて話を聞いたことがあります。他には多額の借金がバレてしまった、特殊すぎる趣味を知ってしまった…など秘密がバレてしまった時は別れに繋がってしまうようです。上辺だけのお似合いカップルにならないためには、お互いにどんな事も相談できるような関係になる必要があるようです。

関連キーワード
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事