見せブラとは「見えてもかわいい/カッコいいブラを、見せてデザインやコーディネイトを楽しむ」ブラのことです。

普通のブラとの違い

ふつうはブラジャーって隠しますよね。トップスの肩や胸元から見えてしまわないようにしたり、白いシャツから透けないように色はベージュを選んだり。でも「見せブラ」はわざと見せます。

キレイなレースの部分を見せる、上に重ねた服と色のバランスを楽しむ、などなど、コーディネイトの一部としてつけるブラジャー、それが「見せブラ」なのです。

スポンサードリンク

チューブトップ、ベアトップ、ブラトップとの違い

チューブトップは文字通り、チューブ(筒)状のトップスのことで、脇から下の部分を覆い、袖のないデザインを指します。肩ひももありません。落ちないように、胸の上部分をゴムなどで留めます。

ベアトップは胸から上の部分(肩、背中)を覆わないトップスを意味し、チューブトップもこの一種となります。

またスカートと一体化したワンピースやドレス、そしてパンツ部分のつながったオールインワンも、このベアトップの中に含まれます。

ブラトップは、キャミソールやタンクトップの胸の内側にカップが付くことでブラの役割を果たし、ブラなしで直接着られるトップスのことを指します。

カップ付きインナーとかカップ付きキャミソールとも呼ばれます。

スポンサードリンク

見せブラをセクシーに着こなすコーデとは?

ふつうは隠すはずのブラをコーディネイトするって?と思ってしまうかもしれませんが、服のレイヤーと同じに考えれば簡単です。開きの大きいトップスに合わせて肌も見せながらセクシーに着こなす、そのパターンをいくつか見てみましょう。

 肩から見せる

大定番のストラップ見せ。そのままブラトップの肩ひもレースやプリントなどを見せるのも素敵ですが、さらに首の後ろでひもを結ぶタイプにするとよりセクシーな感じを演出できます。

胸元から見せる

胸ボタンを多めにはずしたり、繰りの大きなカットソーの胸元からレースや模様などを見えるように出します。特にレース一枚で肌が透けたり、ボタンで開閉できるタイプの上の方を開けたりしておくと、かなりセクシーに見えるでしょう。

 背中から見せる

特に夏は背中部分が開いたデザインのトップスが多くなります。
繰りの大きなものにはレーサーバックのデザインを見せるのもセクシーです。レースだけでなく、ラインストーンやチェーンを使っているものもありますし、ストラップを交差させたものなどいろいろあります。
また背中開きトップスもデザインはいろいろ。上下が留められていて真ん中が開いているタイプ、上だけ留まっていて下がふわっと重なっているだけのタイプ、背中が透ける素材のタイプ、上から下まで開いていてリボンで結ぶタイプなどなど。開いた部分とインナーの見え具合によって、セクシーさもだいぶ変わってきます。様々な組み合わせを試してみましょう。

脇から見せる

脇下が大きく開いたトップスの下から見せるのもセクシーです。胸元や背中からは見えないインナーが脇から見えるとかえってインナーに意識が向きますので、そこを逆手にとって見えるようにするのがポイントです。見える部分が少ないので、大胆な色使いや派手なプリントなどを使ってインパクトのある組み合わせが楽しめます。

お腹を見せる

短いトップスの下にそれより長いインナーを着るのは定番ですが、インナー自体もすこし短めにしておへそを見せるほか、長めのものでも、ボディや裾の部分がレースのものを選ぶとかえってセクシーに。すこし肌が透けるように見えるのがポイントです。

色や見え方のバランスで、セクシーさの違いを楽しんでみてください。

コメントを残す