チャックは日常的に使うもので、特に多いのがズボンや女性ならポーチ類そして上着や鞄といった物に
必ずと言っていいほどのチャックがついていますし、日頃から触れているものといえるのがチャックになります。
このチャックは消耗品でもあり、何度も使用するため段々古びていきます。

そのため、ズボン類以外の上着やポーチそして財布や女性なら化粧品ポーチや書類等を入れるチャック付き袋が
ある日突然壊れたりしてその場で閉まらない状態になる経験は何度もあるかと思います。
その時やはりショックを受けたり何とかしようと試みたりするも、場合によっては出来なかったりするため困ったりする事が
ある経験をしている事があると思います。

その時に限って大切な幼児や行事そして大切な予定があったりして嫌な思いもされている女性や男性は多くいます。
そんな時にできる対処法または直し方を今回はご紹介します。

スポンサードリンク

チャックの直し方

個人的にも、使おうと思ったら突然お弁当箱を入れるポーチチャックが壊れて開けたままになり、その場は仕方なく過ごしたりします。
また、女性なら誰でも持ってる生理用品の入ったポーチのチャックが壊れたり、
チャックの金具自体が壊れたりしたら周りが女性だらけなら何とかしのげたりします。

フォローしてもらえますが、 そういう時に限って電車の中だったり、そういう時に限って男性が多かったりするととても恥ずかし思いをしたり
とっさの事で視線が気になる事があるという経験をしています。

特に女性の洋服は背中にチャックがある ワンピースや半そで系を着たりするため、その時もパニックになったり焦ったりしてどうしたらいいかわからなくなる経験が あるかと思います。

今回はこの対処法も兼ねて紹介します。

ペンチを用意

まず、ポーチとか化粧ポーチそして小物類のチャックが壊れた場合は、まずは冷静になる事です。
焦っては対処法も出来ないので、まずは一息つくのが大切でしょう。
そして、もし外出中や家の中でファスナーが突然壊れてしまったらまずは、ペンチを用意します。
何故ペンチかというと、ファスナーの素材が金属で出来ているからです。

そのため、ァスナーが閉まらなくなっている時はスライダーと言われる引っ張る金具の部分とエレメント
という部分の、かみ合わせがゆるくなっている場合があるため、これをペンチで修正してあげる事で
その場で壊れたチャックが使用でき、また、その場で復活する事があります。

そのため、常にミニペンチやペンチは家または職場等に置いておくと自分が使用しているチャックが壊れた時は勿論
他の人がチャックが壊れても貸せたりするので、応急用として置いておくことが良いといえるかもしれません。

また、ペンチで直す際に気をつける点はやはり、スライダーと引っ張る部分を指すエレメントの部分の両方が治れば
ファスナーはペンチで直せる場合がありますが、これを行う際には出来るだけ余計な力や大きな力を入れたり
入れ過ぎない方がペンチで直す際に大切なポイントまたは大切なコツと言えるでしょう。
力を極端に入れ過ぎたり、強く力を入れてしまうと逆に金具部分等が壊れたりペンチで直せなかったりするので
力の入れ過ぎは注意しましょう。

スポンサードリンク

ミシンで縫う

また、ファスナーのレールが片方外れてしまった場合は、自宅にミシンなどがある場合はその場ですぐに
外れた布の部分を縫って直せばまた、外れたファスナーは使用可能といえます。
ですが、全ての自宅にミシンがあるとも限らずそして外にいる場合ミシンがないのでそういった場合は手縫いで行えるので
一度、布についてる糸をソーイングセットを利用しはさみ等で糸を解いてから、手縫いで糸を2本取りにして
針に通し細かく縫っていくと直るので外でもし、ファスナーの片方が外れたりした場合は手縫いで直す事が
ミシンを利用するより断線早い解決法または、対策法といえます。

注意!

ですが、ペンチにしろ手縫いにしろ両方ともデメリットがあるのでそこをしっかり踏まえた上で行う事が大切です。
ペンチの場合上でも言ったように、力加減に注意しあまり力を入れてしまうと壊れてしまうので
本当に力加減だけは注意しましょう。

もし入れ過ぎたりしてしまうと引っ張る部分の金具が潰れると私用できなくなります。
また、ァスナーの片方が外れた時は一度布を外して通し直すがその際には片方の布の部分についてる糸を一度
全部解かないといけないので、それが手間と慣れてない人だと、指や手をハサミで怪我したりする場合があるので注意しましょう。

また、ファスナーが布を噛んだ時は水平に力を入れゆっくりと引っ張るようにしましょう。
そうすると手から与えられる力が均等に行きわたり直る事があります。
また、ファスナー自体の滑りが悪い時は油やろうそくなどで一度、滑りを良くすると直る場合があります。
そのため、一度時間がある時に自宅の庭や外でファスナーに直接布にかからないよう、油をさす事も
滑りが悪い時の対処法になるので、ペンチや布を治す以外にも滑りが悪くなったら此方の方法を試してみるといいかもしれません。

また、これらがジャケットや上着そしてポーチや小物系を入れる物なら、すぐに直せたり
近くに雑貨屋さんや100円ショップがあった場合はそこにいき新しいのを購入するのが最も最短な
解決法または対処法といえると思いますが、余裕があれば上の対処法を試すのも一つの対策法といえます。




関連キーワード
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事