雨が降った時に使う「傘」
普段何気に使っているけど、なんで「傘をさす」っていうのでしょう?

傘をひろげるなら、普通ですけど傘をさすって。

今まで気にしていませんでしたが、ふと疑問に思っちゃいました。

日本語特有の表現ですよね。

傘は、さすもの。
傘って技術が進化しても、傘本来の使い方は変わりません。

かっぱより傘!

日本の傘は、外国人からも人気です。

どういう意味なんでしょう??

傘をさすについて調べてみました。

スポンサードリンク

傘をさすの意味

さすという意味は

「(つっかい棒で)支える」

という意味があります。
傘の柄で支えるという意味ですね。

傘をさすとは、傘を支えるぞ!という意味でしょうか。
コンビニで買える傘の柄は、鉄の棒ですよね。
500円で買えるのは、便利です。

ただ、お金持ちになる人は、100円、500円で買える傘ではなく、

ちゃんと職人さんが作った傘を使っているそうです。

僕も、買おうかな(笑)

傘をさすの漢字とは??

傘をさすの「さす」の漢字はどれが正しい??
実は正解がわからなかったというのが本音です・・・

申し訳ありません。
実は、言われているのが2つの候補があるんです。

  • 「差す」
  • 「撐す」

「撐す」

この漢字が正しい漢字だという人もいました。

ただ、常用漢字ではないことから、一般的に使われることはありません。

知っている人も少ないですよね。

スポンサードリンク

「差す」

よく傘をさすでは、「差す」の漢字が使われていますので、

これで覚えている人も多いのではないでしょうか?
でも、どうしてこれが採用されているのかわかりません。
当て字と言われています。

差すという漢字は

 

 

  • 挟み込む。 
  • かざす。 
  • 注ぐ。 
  • 生じる。

 

 

などで使われます。

差すを使った例

 

 

  • 腰に刀を差す。 
  • 抜き差しならない状況にある。 
  • 日が差す。 
  • 目薬を差す。
  • 差しつ差されつ。
  • 顔に赤みが差す。
  • 嫌気が差す。
  • 魔が差す。

など。

傘をさすの意味

傘をかざす、支えるという意味なら

「支す」が本来なら選ばれてもよさそうですが、

「支える(ささえる)」に使われて、「支す(さす)」には使われなかったようですね!
他にも、さすと呼ばれる漢字は多くあります。

「射」と「注」など。

ただ、これも、訓読みとして「さす」と呼ばれないため採用されませんでした。
傘をさすとは、傘をかざして、支えるという意味です。

ただ、支えたり、かざしたりする漢字は差す以外にもあるにもかかわらず

採用されたのは、差すでした。

それには、漢字表記特有の考え方があるのでしょうね。

日本語って難しいですね。

スポンサードリンク





関連キーワード
日常・生活の関連記事
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事