ロールモデルということばをご存知でしょうか。

ロールモデルはお手本になる人のことをいい、ロールモデルはその人にとって具体的な行動や考え方などのモデルになる人物といえます。人は無意識のうちにロールモデルを選んで、その人から間接的に影響を受けたり、その人をまねたりするという気持ちがあります。
ロールモデルをもつと、将来的なビジョンが形成しやすいなどの特徴もあり、ロールモデルは長期的な視点で自身のキャリアを考えるという点でもメリットがあるといわれています。

そのため、ロールモデルは若年層の人材育成などにも用いられています。
そこで、ロールモデルとはということやその必要性、これからも需要が増えていくのかという点などについてご紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

ロールモデルとは?

ロールモデルはお手本となる人物のことだといわれます。

ロールモデルはその人にとって具体的な行動や考え方などのモデルになる人だといわれて、人は無意識にロールモデルを選び、影響を受けたり、その人をまねたり憧れたりといった気持ちをもったりするたりする場合などもあります。

時に、ロールモデルは親などの身近な大人であったり、自分が目指す方向で活躍している人であったりして、人生の目標のような存在になっていたりします。

ロールモデルは自身が理想とするキャリアを進むための一つの指針になったりして、そのような人の言動などを参考にしするなど、一つの成功への近道となるといわれたりしています。
ロールモデルは、例えば、ロックアーティストであったり、ビジネスパーソンであったりします。新しく入社してきた新入社員に対して、企業がビジネスにおけるロールモデルを示すことで、入社後の社員がどのような形で企業理念を実現していけばいいのかということを具体的な形で示すことなどができます。

必要性とは?

ロールモデルの存在があることは様々な点でメリットがあります。

例えば、入社したばかりの若年層の社員のキャリアへの考え方に影響を与えるという点が挙げられます。まだ社会経験も少ない若手社員は、現在自身に与えられた課題をこなすことに必死になってしまい、今後の長期的なビジョンなどが描きにくいという点があります。

しかし、ロールモデルを示すということで、将来のキャリアについても考えるきっかけになり、より長期的なビジョンをもって仕事に就いて考えることができるようになるというメリットなどがあります。

また、目先のことだけでなく、今後をどのようになりたいのかという具体的なイメージをもつことができ、そこから遡って現在、何をすることが大切なことなのかという考え方ができるようになるといえます。

憧れるロールモデルがあることで、こんなふうな人になりたい、という目標をもつことができ、先の見通しを描きやすくなるといえます。会社としてもロールモデルとして提示した人物のようになることによって、若手の人材育成という点でもメリットがあるといえます。
もちろん、ロールモデルは若手時代だけに限定されて示されるべきでもないといえ、様々な立場にいる人に対して、理想的なイメージを伝えるという点でとても意義があるといえます。

スポンサードリンク

これからも需要は増えていく?

ロールモデルの存在はこれからもますます増えていくといえます。ロールモデルは、その時にいる人に対して、現在重要としている価値観が何なのかということを分りやすく伝えることができるという長所があり、そのような意味で、これからもその時その時で、その時に重要な価値観が何なのかということを人を通してわかりやすく相手に伝えることができます。

そして、そのようなイメージを受け取った側が、今の段階で何をしておくとよいかということについて具体的に考えることができるという点で意義があるのです。

そのため、今後もその時代時代で需要は少なくなるということはないと考えられるといえます。そして、これからも需要は継続していくといえます。
若年層に絞っていうと、若い時から、それぞれ自身のロールモデルを見つけることができ、人脈を広げたり、技術力を上げたりするなどのそれぞれの立場からどんな人物になれるようにすればいいのかという目標を設定して、未来を具体的にイメージできるようになるといえます。

企業側も、そのようなロールモデルを設定できるように促していくことで、今後のキャリア開発に対してメリットがあるという方法がロールモデルを設定するということといえます。

 

まとめ

ロールモデルの役割はますます重要になっていくといえます。ロールモデルをもつことで、自身の将来のビジョンをより具体的に思い描くことができるようになり、ビジネスにおいては今後のキャリアについて長期的な視点がもてるようになります。
そのことで、若年層の人々がより自身のキャリアに対する考え方に計画性が生まれやすくなり、将来的なビジョンなどがもちやすくなるといえます。

コメントを残す