今では日常生活で不可欠の存在となったスマートフォン。

便利だからといってつい使いすぎてしまい、スマホが熱ーーくなってしまったという経験をした事がある方は少なくはないでしょう。

熱い熱いこのスマホをどうやって冷やせばいいのかみなさん知っていますか?

スマホを冷やす方法

冷やすといえば、冷蔵庫!と言って冷蔵庫に放り投げている方は要注意です!

この記事を読んで熱くなったスマホの対処法について学んでいきましょう。

熱くなる原因

まずどうしてスマホが熱くなるのかということを知るために、スマホの電池についてお話します。

スマホの電池にはリチウムイオン電池というものを使っており、簡単に言うと電池の中でリチウムイオンというイオンが正極と負極を行き来することで充電や放電をもたらします。

一方で皆さんが普段使うアルカリ乾電池は構造が違い、また充電することを想定して作られてはいないので、放電しきったらそれでおしまいとなります。

話を戻しますが、スマホに使われているリチウムイオン電池は充電と放電を繰り返して使いますので、やがて劣化していってしまいます。

スマホを長い間使っていると、電池の減りが早くなって行くと思いますが、これは電池の劣化により、充電で負極に蓄えられるリチウムイオンの量が少なくなって行くためなのです。
さてスマホの電池について説明したところで、そんなスマホが熱くなった時にどう対処すればいいのかについてお話していきます。

充電しながらの使用は控える

スマホが熱くなる原因として多いのが、やはり充電しながらのスマホの使用です。スマホを充電しながら使うということは電池に対して充電と放電の二つの負荷をかけているということですから、当然ながらそれだけたくさんの熱が発生してしまいます。

ということはスマホの熱さを取り除くためには当然充電をやめるということが一番だということはお分かりでしょう。

充電しながらのスマホの使用は電池の劣化にも繋がりますので、できるだけ控えるように心がけてください。さて、充電をやめたは言いもののすぐに冷えるわけでもありません。

冷蔵庫に入れるのはNG?

ではどうするかということでやってはいけないことの一つが冷蔵庫に入れることです。冷蔵庫に入れれば当然冷えますので一番手っ取り早いかと思われますが、絶対にやめてください。

なぜなら熱くなったスマホを冷蔵庫に入れるとスマホの内部で結露が発生してしまいます。熱くなったスマホの内部では空気も暖められています。

それを急激に冷やせば空気中の水分が液体となってスマホ内部に生じてしまいますので故障の原因となりますので絶対にやめましょう。急激に冷やしては行けないということは保冷材をくっつけて冷やしたり、防水だからといって水につけたりすることもやってはいけません。

 

これら二つも冷蔵庫ほどではないかもしれませんが結露の原因となりますのでやってはいけません。

保冷材もNG?一番いい方法は・・

ではどうすればいいのかですが最も良い方法はやはり放置することです。

暑くなったスマホは冷却するのではなく放熱させる事が一番ですので冷蔵庫に入れるのでも、保冷材に近づけるのでもなくただ放置してひたすら待つのが一番なのです。

時間がかかるし待てないという方もいらっしゃるかもしれませんが、そこで無理して冷却したりそのまま使ったりするとスマホの故障や電池の寿命の減少に繋がってしまいますので、大人しく待つようにしましょう。

スポンサードリンク

スマホカバーは外す

またこの時スマホのカバーを外すことも忘れないようにしましょう。

熱くなったらスマホとスマホカバーを密着させたままにしておくと、スマホカバーが溶けてくっついてしまう恐れがあります。

外しておいた方が放熱効率も上がりますので実践してみて損することはないでしょう。またどうしても待てないという方には放熱シートというものもあるのでそちらを使ってみるといいでしょう。

ただし放熱シートは冷蔵庫ほどの冷却効果は無いためそこまで差を感じないかもしれません。

しかしただ放置しておくよりは早く放熱が出来ますので、少しでも早く使いたいという方は是非試してみてください。

スマホが熱くなる原因や対処法について他にも記事がありますので、参考にしてみてください!

参考記事▶スマホが熱い!原因を見極め対処法を考えよう!

スマホが熱くなって電池減る時の対処法とは?

まとめ

ここまでスマホがあつくなったときの対処法について説明してきましたがいかがだったでしょうか。

今の時代スマホはどんな時にも手放せないものになっているため、熱くなっても使いたいという人も非常に多いかと思います。

しかし、そこで焦って急に冷やせば、その場しのぎにはなってもスマホの寿命を削ってしまうことに繋がるということは忘れないでください。

また冷やしてもまたすぐに熱くなってしまうという方はお近くのお店で見てもらうことをオススメします。何か異常がある可能性もありますし、爆発などの事故に繋がって最悪の事態を引き起こしてしまうかもしれません。

そうなる前に修理したり、新しい電池を購入したり、スマホを買い直したりと出来ることはたくさんありますので、そのままにして置かずに対処することをオススメします。

とにかく言えることはスマホが熱くなったからと言って冷蔵庫なので急に冷やすことは絶対にやめましょう。




関連キーワード
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事