フラリーマンという言葉が話題になっているのは知っていますか?テレビでも取り上げられているので知っている人も多いと思いますが、まだすべての人が知っているわけではないですよね。では、フラリーマンを知らない人にそもそもこのフラリーマンという言葉は何なのかを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

フラリーマンとは?

フラリーマンとは会社の定時となっても自宅にはすぐに帰らずに会社帰りにどこかに寄ってフラフラしているサラリーマンのことを指します。つまり、会社が終わってからこどかへ寄り道をしてふらふらしているサラリーマンの事を言います。何故フラリーマンになってしまったのかその原因があるので、夫にフラリーマンになってほしくなければ、ならないような環境づくりをすることが大切ですね。どうしたらまっすぐ家に帰ってくれるか考えることが大切です。

語源は?

フラリーマンとは仕事が終わった後、まっすぐに家に帰らずに寄り道をして帰宅するサラリーマンを意味しており、「ふらふらする」と「サラリーマン」を掛け合わせた造語になっています。そもそもこの言葉が出来たのは社会心理学者の渋谷 昌三氏が2007年に発売した「上司が読めるとおもしろい」の中で使ったのが始まりです。そして、出版から10年後の2017年、テレビで仕事が終わってもまっすぐ帰らないサラリーマンをフラリーマンと紹介したところから認知度が高くなってきています。そして、今では良く聞く言葉として注目されていますね。また、フラリーマンの行動は賛否両論があるので、このような行動をすること自体がすべて悪いとも言えないといわれています。

何が原因でフラリーマンになる?

では、何故このようなフラリーマンになってしまうのかというと、仕事で疲れて居酒屋に行ったり、ウィンドウショッピングに立ち寄ったりしてストレス発散をするということにあります。これは仕事をしている人なら良くあることなのですが、中には家に帰っても妻がイライラしていたり、すぐに怒られたり、帰宅してもご飯がないなどの理由で帰宅恐怖症になっていることからフラリーマンになってしまうという背景もあります。実は旦那さんが家に帰りたくない理由からフラリーマンになっている可能性もあります。

スポンサードリンク

フラリーマンが増えると何が問題になる?

今は夫婦で共働きをしている人がほとんどなのですが、フラリーマンが増え、なかなか帰宅しないことで不満に思う妻が増えます。妻は家に帰って来ても家事育児と大忙しの中、夫はフラリーマンになって会社が終わってもどこかフラフラしている事に関して許せないという気持ちになります。子育て中の主婦にフラフラしている時間がないのに、夫だけ自由な時間を作るのはどうかという女性がほとんどです。

特に共働きの家庭は会社が終わってフラフラしている時間があるなら家事や育児を手伝って欲しいという人がほどんどなので早く帰って来て欲しいと思っています。フラリーマンが増えると共働きの夫婦にとっては妻ばかり負担が増えるので最悪夫婦関係に亀裂が入ってしまう可能性があるでしょう。世の男性がフラリーマンに変身している夕方から夜にかけての時間帯が特に大変なのです。

仕事で遅いなら許せるけど、フラリーマンをしているのは許せないと思っている女性が多いので、フラリーマンをしていると知ったら夫婦仲が悪くなったり最悪離婚に発展する可能性があります。ですが、中にはフラリーマンを肯定している女性がいるのも事実です。例えば夫が早く帰って来ても対応に困るという女性もいるのでそういう女性はフラリーマンになって欲しいと思っている場合もあります。また、男性の中にはまっすぐ帰ると妻の家事の邪魔になると考えて残業だといってあえて寄り道をしてフラリーマンになるという男性もいます。このようなこともあるので、フラリーマンが絶対に悪いといえないのが現実です。

また、子どもが小さいうちは早く帰って来て欲しかったけど、子どもが大きくなったら家に早く帰られると邪魔に感じる人も多いのでその年代によってもフラリーマンの考え方が違うようです。

まとめ

このように、フラリーマンについてや語源など詳しい事を紹介しました。今はかなり認知されているので知っている人も多いのですが、今初めて聞いたという人も少なくないですよね。フラリーマンはたまになら良いのですが、毎日になってしまうのは問題だと思っている人が大半です。ですが、夫によっては家に帰ると怒られる、家が汚いなどで自分の居場所がないと思って帰宅恐怖症になってしまう場合があるので、男性にすべての原因があるとはいえなくなっています。

ですが、やはり男性も共働きで家で大忙しの妻をそのままにして自分だけストレス発散するのも考えものですね。共働きの妻なら一刻も早く帰ってきて家事育児を手伝って欲しいのが本音でしょう。フラリーマンも妻の意見を聞きながら妻が不満に思わない程度にするのが良いでしょう。

コメントを残す