そろそろ寒い季節が終わり、分厚いコートを脱いで薄着の季節がやってきます。
冬の間に蓄えてしまったお腹の脂肪を見て、なんとかしなくてはとダイエットを決意する方も多いのではないでしょうか。
ダイエットは、思い立った時にすぐ始めたくなるものですが、実はダイエットを開始するタイミングがとても重要だということ、知っていますか?
タイミングを間違えてしまうと、せっかく頑張っているのに全く痩せられない、それどころかお肌の調子も悪くなって体調まで壊してしまう!ということになりかねないのです。
健康な女性なら誰もがやってくる生理周期。
この体のサイクルを利用して、無理をせず最適なタイミングで理想のスタイルを手に入れましょう!

スポンサードリンク

ダイエットの時期

具体的にどうすれば良いのかというと、まずは自分の体を知ることから。

 

生理直後

女性の体は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という大きく2つのホルモンのバランスによってリズムが左右されます。
エストロゲンは別名卵胞ホルモンとも呼ばれており、卵胞の成熟を促したり、受精卵がきちんと着床するために子宮内膜を厚くする作用が、

プロゲステロンは別名黄体ホルモンと呼ばれており、基礎体温を上昇させ妊娠を維持する作用など、どちらとも妊娠には欠かせないとても重要な働きをしています。

エストロゲンはその他にも、新陳代謝を上げ女性らしい体を作り、若々しさを保つなど、女性の美しさを保つためにとても大切なホルモンです。

生理直後から徐々に増え始め、排卵直前にピークを迎えます。
ダイエット開始に最適なのはまさにこの時期。
生理が終わってから排卵期までの新陳代謝が上がるこの時期を上手に使って、適度な食事制限や運動で体の脂肪を燃やしていきましょう。

ストレスをためずに行う

オススメは、ストレスを溜めないように、普段の生活の中でできることだけを取り入れる方法です。

例えば、1日の食事のカロリーをトータルで考え、夜に外食する予定がある時は朝と昼を控えめにする、夜の炭水化物は控える、エストロゲンに似た働きをする大豆食品(簡単に摂れる豆乳がオススメ)を摂る、1駅分歩く、夏でも必ず湯船に浸かりマッサージをする、などです。

睡眠不足でイライラしないようにするため、質の良い睡眠を心がけることも重要です。

排卵直後はよくない

反対に、排卵直後から生理が始まるまでのおよそ2週間、体内に放出されるプロゲステロンは、生理で排出される血液を作り出すために体に水分を溜め込もうとする働きがあり、またイライラしたりストレスを感じやすい性質も持っています。
この時期に無理をしても体重はなかなか減らず、体にも悪影響を及ぼしかねません。
排卵直後から生理までは、なるべく穏やかな気持ちで過ごせるよう、無理をせず多少リバウンドしても慌てずにリラックスして過ごすことが大切です。

周期がわからない人は

生理の周期がバラバラでタイミングがよくわからないという方は、基礎体温をつけてみるのもいいでしょう。
朝起きてすぐに動かない状態で婦人体温計で体温を測り、それを最低2〜3か月続けて記録すると、多少ガタガタでもなんとなく周期がわかることもあるようです。

自分で判断するのが難しい場合は、婦人科で相談してみるとすぐにわかるかもしれません。

体重が減らない時期

 

自分の体のサイクルを知り、適切なタイミングでダイエットを開始して順調に体重が減っていても、急に体重が減らない時期がやってきます。
いわゆる停滞期です。
体は自分の体を守るために、減っていく体重をなんとか食い止めようと、溜め込む方に働き出します。そうすると今までの方法ではどうしても減らない時期がやってくるのです。

 

モチベーションを保つ方法

この時に重要なのが、モチベーションをどう保つかということ。
モチベーションが続かなければダイエットを成功させることはできません。
なぜダイエットをしようと思ったのか、初心に戻ることも大切ですが、それでも気持ちが戻らない時は、目標を設定し直す(痩せたら旅行に行って水着を着る、昔の友人に会いに行くなど)、1日だけダイエットのことを忘れて好きなものを食べるなどの気分転換をして無理をしないこともとても大事です。
無理をして頑張っている時のモチベーションは、体重が目に見えて減ってくるという達成感です。
しかしこの達成感がなくなってしまうと、モチベーションを保つのは容易ではありません。

しかもこの時期は体が溜め込もうとしている時期。
減らない体重にイライラして、どか食いを繰り返して大きくリバウンドしてしまっては元も子もありません。
ここで思い出して欲しいのが、体にはサイクルがあるということです。
ずっと生理が続くことがないように、ずっと停滞期が続くこともありません。
排卵期から生理まで体重が減りにくい時期を耐えて過ごしたように、停滞期もなるべくストレスを溜めず、コンスタントにそれまでの努力を続けることがダイエットを成功させる上で何よりも大事なことかもしれません。
そのためには、ダイエットを短期戦で考えず、体のサイクルをうまく利用して、

穏やかな気持ちを保ちながら長期的に頑張ることが、1番の近道と言えるでしょう。



関連キーワード
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事