人間は朝、昼、晩にご飯を食べますが
事情によりどうしてもお腹が空いてきます。

ダイエットしてる人にとっては小腹がすくのは、苦痛で仕方がありません。

どうにか抑えたいところです。

今回は小腹がすいたときにどういった対策をすれば 空腹をしのぐ方法を紹介します。

小腹がすいたときの対策

 

筋トレをする

まず私自身お腹が空くと筋トレである腹筋をします。
お腹を鍛える事で 空腹を忘れ食べる食欲をなくします。

また昼から夜にかけて空腹を感じた場合は、 夜まで時間を持たせればいいので
筋肉が辛いと感じている場合は 何も食べる気になれません。

水を飲む

これについてはやっている方も多いかと思います。
水であればお金もかける事なく 時間も短縮できます。

コップ1杯の水でも十分ですが
足りなければ2、3杯飲む事をしましょう。

飲む事で体にもたらす効果も
胃が食事をとっている、そう錯覚し空腹感をやわらげます。

アメやガムを噛む

飴は糖分が含まれているので
舐めて味わうことで 少しずつですが胃に満腹感を与えます。

また外出するときも空腹を感じ
飴をすぐに取り出せるので
周りを気にせず空腹対策を行えます。

次にガムを噛むですが
これは脳の満腹中枢を刺激する効果があり

食事してる時も噛むを大切にしてるので
同じく脳を満腹感につなげる効果があります。

また、体温を上げる事は空腹対策があり

これは温かいものを飲む事で 満腹感を得られます。

というのも満腹中枢を刺激する事につながるので

  •  自宅であればお茶をレンジで温める
  • コンビニで温かい飲み物を買って飲む

など 満腹中枢を刺激してあげます。

おやつを買っておく

いつ何時小腹が空くかわかりませんので
自宅や外出時におやつを一袋、もしくはクッキーなどの
甘いものを一口食べて空腹をしのぎます。

これは甘いものを我慢する事で結果的に
基礎代謝が落ちてしまうのです。

原因は甘いものを我慢でストレスが溜まり
コンチゾールのホルモンが分泌し筋肉が少しずつ削れていき
基礎代謝が落ちてしまうのです。

基礎代謝を落とすと
結果太りやすくなりますので
そうならないよう 小腹が空いた時にタイミングよくおやつを食べて
空腹をしのいでいきます。

おやつの食べ時は午後になり、 午後は人間の体温が高いと言われ

同時に昼から夜にかけて ちょうど次のご飯まで時間があきます。

さらに体温が高い=カロリーの消費が多い時間でもありますので
小腹対策でおやつは食べるけど 太るなど体重面でも意識しなくても大丈夫です。

ただクッキーなど甘いお菓子を食べる事は注意が必要で
普段から糖分をとっておけば

糖分がなくなったときにイライラしやすく
甘いものを食べなければイライラが収まりにくく
空腹でないのに甘いお菓子を食べてしまう事もありますので
空腹時にはたまに甘いお菓子を食べるのをオススメします。

おすすめ関連記事▶小腹がすいたときどうすればいい?学校や夜中に最適なものとは?

小腹がすいたときにやってしまうよくないこと

小腹がすいたといってむやみに茶碗一杯分のご飯を食べたりするのは あまり良くないです。

朝、昼、晩のご飯があるのに
3回以上の食事、飴やおやつならまだいいですが
それ以上に多く食べると胃が休む時間が減ってしまい
食べ物の消化をずっとしなければならないので
胃の休み時間がありません。

小腹が空いても水などでやり過ごし 胃を休めてあげましょう。

ただ、無理して何も食べないということは、体にもよくありません。

しっかりと栄養は補給する必要があります。

酵素ドリンクなどカロリーがないけど、栄養がしっかりとふくまれているものもあります。

栄養補給に関しては、考えましょう!

人気酵素ドリンク▶ 健康的な無理しないダイエットをしたい方へ「優光泉」酵素

ダイエットに適した時期

またお腹がすくとダイエットに適しています。
このダイエットの時は時期により
食べてしまう量も違いますが

どうしても食べてしまうときは冬で 食欲がなくなるのは夏です。

冬になると毎日寒く体温が低い状態ですごさなければならないので
寒いと自然に体温を上げようと 食べ物を普段より多く食べてしまいます。

これについては間違っていないので食事などは 冬は多くとってダイエットなどしないようにした方が
体の健康に適しています。

体重など冬だけ3キロ増えていた。
という事もありえます。

そして冬が終わると少しずつ食べる量も減り
体重も落ちてきますので
食生活も3食分で戻し胃を休めてあげる事も考えます。

水の大切さについて

水を飲む事は満腹感を得られますが
水を飲む効果は 肌を乾燥させないためでもあります。

これは肌を若くするためで
日常で水分をとる事をしなければ肌の病気にもなるので
水を適度にとる、同時に空腹をしのぐ効果があり
水分を適度に体内に取り入れるのは
尿として水分を出さない事、常に空腹をしのぐためでもあります。

人間は1日2リットルの水分を必要としてると いわれてます。

これは食事にも水が含まれていますが
1日の3食以外でも
1,2口分の水を適度に飲むぐらいでちょうどよく
空腹、ダイエット効果も適しています。

外出時、水は浄水器やコンビニ、スーパーなどから安く調達し
ペットボトルなどから常時備えておくのも
時間短縮やお金の無駄遣いを減らす事もできます。

食べ過ぎるのは病気になりやすく疲れやすくなりますので
健康面も考えるよう心がけましょう。




関連キーワード
  • ロールモデルとは?必要性とは何?
  • ロー活女子とは?どんな目的があるの?
  • 観る将とは?どんなところが楽しい?魅力とは?
  • ダイドー自販機の当たりってどれくらいの確率?当たりやすい方法とは?
  • コンビニの袋詰めはなぜ店員がやる?うまいやり方とは?
  • ワードロービングとは?どんな悪質な行為のこと?
おすすめの記事