街を歩いていてノースリーブやミニスカートなど、肌をあらわにした女性の姿を多く見かけることがあります。

気になる「薄着の女性の心理」についてクローズアップしていきます。

スポンサードリンク

薄着の女性の心理とは?

ボディのシルエットがくっきり出た、素肌を魅せるスタイル。職場や学校で、いつでも薄着でいる女性の特徴とはどんなものがあるのでしょうか。

・ナルシスト
・スタイルに自信がある
・男性の目を意識している

薄着になりやすい女性の心理として、このようなポイントが挙げられます。バストやヒップなどを露わにした服装は、自分のボディラインに自信がある何よりの証拠です。エステやマッサージで磨き上げたご自慢のスタイルを、みんなに見てもらいたい心理もあります。

自分のことが大好きなこのタイプの女性は、世界でイチバン私が可愛いと思っているナルシスト気質。周囲の女性に差をつけたいため、好んで薄着を選ぶ傾向にあります。男性によく思われたい、自分の体を見せつけたいと思っているため、常に男性の目線を意識して行動しています。

露出度が高い服を着る女性の心理とは?

日本では厳かな式・目上の人と会うときは、露出度の低い服装で出かけることが暗黙のマナーになっています。反対に胸もとやウエスト・太ももをチラリと魅せる露出度の高い服装は、カジュアルでアクティブな印象をあたえます。

露出の高い洋服を選ぶ女性の心理として、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

・負けず嫌い
・バリバリのキャリアウーマン型
・リーダー気質

カーディガンやストールを羽織らず、あえてボディを露わにした服装を着たがる女性は「勝気・アグレッシブ・リーダー気質」の女性です。控えめで謙虚な姿勢にフタをし、強く見られること・美しく見られることに重点をおいています。美意識が高くプライドや気位も、ひと一倍高い女性が多くなっています

。人に頼ることよりも、人から頼られることを得意とするのもこの手のタイプの女性の特徴です。大きなグループやサークルのリーダー格となり、周囲があっと驚くような行動もスムーズにおこなえます。

スポンサードリンク

薄着の女性、男性ウケはいい?悪い?

ボディラインが如実に出た薄着の女性は、男性の目にはどう映っているのでしょうか。

・結婚相手には相応しくない
・親に紹介しづらい
・一夜限りの相手
・男友だちと遊んでいそう
・体目当てで付き合える

ネットの口コミなどを参考にすると、以上のような声が見られました。想像していたことですが、やはり過度に露出の高い服装は「遊んでいそう」なイメージを植え付けてしまいます。セックスフレンドの対象になりやすく、一夜限りのアバンチュールには好都合な存在として見られることが多いようです。

また派手な服装のため、上司や家族・両親に紹介しづらいポイントもあります。60代以降の世代では「薄着は遊女が着るもの」とした意識が強いため、ボディラインがくっきり出た服装に嫌悪感をしめすケースもあります。NYやロサンゼルスには多い薄着スタイルですが、本命の男性や周囲の方からは眉をしかめられる事が多いことも理解しておきましょう。

TPOに合わせて考えたい、薄着のファッション

ハワイやグアムなどのビーチ、セブ島などの楽園では映える薄着のファッションですが、東京や大阪・地方の街などでは、浮いた服装として捉えられるケースもあります。周囲に一歩差をつけられる露出度の高い服装も、時と場合を選ばなければ「空気を読めない幼い人」と思われてしまうことも…。

好感度アップを狙ってバストやヒップを魅せても、本命の男性からの受けが良くないこともあります。自分の年齢や、周囲の状況に応じてファッションを使い分けることも、ステキなレディの第一歩です。自分をより魅力的に魅せてくれるファッションと出会い、キラキラ輝く毎日を送ってみてください。

コメントを残す