突然、小腹がすいてしまうことってありますよね?

学校であったり、夜中だったり。

今回は、小腹がすいてしまったときの対策を紹介します!

スポンサードリンク

小腹対策

おすすめ関連記事▶小腹がすいたときの対策!ダイエットしてる時コンビニで何を買うのがいい?

おから入りの軽食品でやり過ごそう

自宅内でじっとしていても、食事の間に突然お腹が空いてくるケースってよくありますよね。

中にはしっかり朝食を取った筈なのに、それから1時間も経たずお腹がグーグー鳴り出してしまうケースも…
前の食事の直前に血糖値を上げ過ぎてしまったり、食事自体を少なくし過ぎてしまったりといった理由が考えられるものの、喫緊の問題として今目の前にある空腹感を治め何とかやり過ごさなければなりません。
そこで緊急時の間食に役立つのがクッキーを始めとしたおから入りの軽い食品。

おからは消費カロリーも低い上に低血糖、しかもボリュームがありますから、想像以上にお腹を満足させてくれる上にダイエットにも大変効果的なのです。

これなら次の食事に悪影響を与える事無く、空腹で不快な思いをせずに過ごす事が出来ますよね。
市販の食品なら前述のクッキーの他にも煎餅やスコーンといったお菓子があり、間食としても十分楽しめるもの。またこれらは自ら手作りしても楽しめますから、オフの空いた時間の過ごし方としても理想的でしょう。

学校にいるときはとにかく講義に集中するか飴やガムに頼るか

一方学校にいるときはおいそれと間食に手を出す事すら出来ませんから、小腹がすいたときの対処法はかなりの困難を極めるのは致し方無い事でしょう。
単にお腹がすく程度ならともなく、時には空腹に耐えきれず派手にお腹を鳴らしてしまい、となりに座っているクラスメイトに気付かれ恥ずかしい思いをしてしまうケースさえあるかも知れません。
鳴ってしまったお腹はもう仕方ない事として、これ以上お腹をすかせ講義に集中出来ない様な事態となれば困ってしまいますから、やはり何らかの対策は必要となるもの。
その際周囲に気付かれる事なく自然と空腹感を収めるのに適したアイテムは、やはり甘みを伴ったガムや飴が一番、という事になります。前述のおから入りクッキーよりははるかに小さな物ですし、口に入れたり味わったりする仕草も殆ど目立ちません。またその分視線や頭を講義に集中出来ますから、むしろ学校向けの食品と言えるでしょう。
一つ気を付けたいのはキシリトール入りの製品。

体質的にお腹が弱い人がこれらの製品を食べるとお腹が緩くなってしまうケースがあるからです。只でさえ講義で緊張している最中に食すものですから、その影響が増幅されかねません。その様な人はあえてキシリトールの入っていない飴やガムをチョイスするのが良いでしょう。
ただこうした食品でさえ講義中は禁止!という学校もあるでしょうから難しいもの。そんな時はただひたすら、講義が終わるまで気合と集中力で我慢!がベストな手段となりそうですね。

スポンサードリンク

夜中の時は胃の負担が少ない飲料や食品で乗り切る

明日は大事なスケジュールがあるというのに前日は緊張で食事も喉を通らず、夕食も少し食べただけで終わってしまったというのに、いざ床に着いた途端にお腹が鳴りだし、今度は空腹感で寝付けなくなってしまう…こんなパターンもあるでしょう。

ただ夜中の就寝時は基本的に行動に制約の無い自宅内となるケースが多く、それゆえ空腹への対策は非常に立て易いものです。
どうしても湧き起こる空腹感を治めない事には安眠が得られず、翌朝の寝起きや起床後の活動にまで悪影響を与えてしまいますから、意外と重要なポイントとなるのは分かりますよね。
ついやってしまいがちなのは面倒臭がってただひたすらに空腹を我慢してしまうというもの。無理をして我慢していればストレスが溜まり、やがて交感神経まで刺激されてしまい返って目が冴えてしまいかねません。

ここは素直に何らかの飲食を口にして満腹中枢を刺激してやり、副交感神経優位なリラックス状態を作り出し安眠へと誘ってあげるべきでしょう。
だからと言って胃に強い負担を与えてしまう飲食、例えば脂っこい肉類や強いお酒等を取るべきではありません。下手をすれば胸焼けや胃もたれを引き起こし、安眠どころでは無くなってしまうからです。

カフェインはダメ

もう一つ摂ってはいけない成分はカフェイン。人体にとっては強烈な覚醒物質ですから、当然就寝時に摂るべきでない飲食である事は想像出来ますよね。

ですからコーヒーやコーヒー牛乳は厳禁。またチョコレートを始め多くのお菓子にもカフェインが含まれており、小腹を満たせるからと安易に夜中に食べるべきではないのです。
そこで肝心となる夜中の時に適した食品ですが、カロリーや糖質が少なめで消化の良い物、例えばヨーグルトやこんにゃくゼリーの類が理想的。

またそれらの元となるホットミルクや海藻類も適度にお腹が膨れ、それでいて胃の負担にもなりません。また炭水化物の中でも消化の良いうどんやお茶漬けといったライトな主食類も定番。

うどんやお茶漬けは汁と一緒に頂くケースが圧倒的に多く、それだけでもお腹が温まり、より短時間で満腹感を満たしてくれるものなのです。ただし汁の味付けは薄めに留めておくのがベターです。

コメントを残す